過去問.com

調理師試験 平成23年度 公衆衛生学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

衛生統計に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。

 1 . 
平均寿命とは、0 歳における平均余命のことである。
 2 . 
我が国の平成 21 年の総人口に占める老年人口の割合は 32.0%である。
 3 . 
乳児死亡率は国勢調査のデータを基にしている。
 4 . 
合計特殊出生率は、女性 1,000 人に対する出生数のことである。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
17

正解は(1)です。

(2)23%です。
先進国で20%を超えているのは、日本だけです。

(3)乳児死亡率は、年間の1000出産当たりの生後1年未満の死亡数です。国勢調査は関係ありません。

(4)合計特殊出生率は、一人の女性が一生に産む子供の平均数です。

2014/07/11 16:00
ID : nqefpnql
14

正解は 1 です。

 この問題の分野は衛生統計といいます。衛生統計には人口静態統計と人口動態統計の二種類っがあります。人口静態統計とは一時点の人口の状態を見たものです。国勢調査を元にしています。続いて人口動態統計とは一定期間(一年間)の人口の動きをみたもので、厚労省が集計分析しています。
 以下区分と頻出する種類を紹介します。

 -人口静態統計ー
 ・国勢調査=5年ごとの10月1日午前0時現在の人口の状態について全国で調査します。経産省が実施します。
 ・年齢3区分=人口を年齢で区分けする時に使用します。年少人口(0~14歳)、生産年齢人口(15~64歳)、老年人口(65歳以上)の3区分です。
 ・少子高齢化社会=年少人口が少なく老年人口が多いことです。

 -人口動態統計ー
 ・合計特殊出生率=一人の女性が生涯に産む子供の平均。
 ・乳児死亡率=出生1000件に対しての1歳未満の乳児死亡数。
 ・死因構造=死因順位第一位は悪性新生物(癌)です。
 ・平均寿命=0歳児の平均余命。

上記のうちどれかは毎回必ず出題されています。

2015/08/31 18:35
ID : hswrgknw
7

正解は(1)です。

(1)正解です。平均寿命とは、0歳の者があと平均して何年生きられるかを示した数値のことです。

(2)誤りです。平成 21 年の総人口に占める老年人口割合(65歳以上の者)は、22.7%です。高齢化率が7〜14%を高齢化社会、14〜21%を高齢社会、21%以上を超高齢化社会と呼びます。

(3)誤りです。国勢調査は、人口およびその性別や年齢、配偶の関係、就業の状態や世帯の構成のデータを調べるものです。乳児死亡率は、1年間の1000出産あたりの生後1年未満の死亡数であり、国勢調査には含まれません。

(4)誤りです。合計特殊出生率は、15〜49歳までの女性の一人が、一生に間に生むとした子供の数です。

2015/07/15 17:05
ID : yctvybowqd
border line
調理師試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。