過去問.com

調理師試験 平成23年度 公衆衛生学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

学校保健安全法による学校保健の取り組みに関する記述で、〔    〕に入る語句の組み合わせとして、正しいものを一つ次の中から選びなさい。

「感染症予防のため、学校長は感染症にかかっている者またはその疑いのある者(かかるおそれのある者)の〔    〕を、設置者は学校の〔    〕を行うことができる。」

 1 . 
健康診断 ── 一時閉鎖
 2 . 
治療 ──── 消毒
 3 . 
健康相談 ── 飲料水の水質検査
 4 . 
出席停止 ── 臨時休業
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

正解は 4 です。

 感染症予防のために臨時休業(校)にすることができるのは「学校の設置者」です。学校の設置者とは、国(国立)・地方公共団体(効率)・学校法人(私立)などのことです。

 感染症予防のために「出席停止」を行えるのは学校長です。

2015/09/01 16:26
ID : hswrgknw
8

正解は(4)です。

学校保健安全法では、

「学校の設置者が臨時休業を行うことができる」

という一文は、頻出です。
形を変えて、出てきますので、覚えておきましょう。

2014/07/11 23:51
ID : nqefpnql
6

正解は(4)です。

学校保健安全法により、

・出席停止については、「学校長は感染症にかかっており、かかっている疑いがあり、又はかかる恐れのある児童生徒などがあるときは、出席を停止させることができる。」

・臨時休業については、「学校の設置者は、感染症の予防上必要があるときには、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる。」

と条文にあります。

したがって問題文は、「感染症予防のため、学校長は感染症にかかっている者またはその疑いのある者(かかるおそれのある者)の[出席停止]を、設置者は学校の[臨時休業]を行うことができる。」となります。

2015/07/16 16:51
ID : yctvybowqd
border line
調理師試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。