過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14955問」を出題

問題

[ 設定等 ]
アミノ酸に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
たんぱく質を構成するアミノ酸は 10 種類である。
   2 .
非必須アミノ酸は体内で合成できない。
   3 .
ヒトの必須アミノ酸は 6 種類である。
   4 .
リジン(リシン)は必須アミノ酸である。
( 調理師試験 平成23年度 栄養学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
95
評価しない
正解は(4)です。

(1)体を構成するアミノ酸は、20種類です。

(2)体内で合成できないのは、必須アミノ酸です。

(3)必須アミノ酸は、「トロリーバスフメイ(ヒ)」と覚えます。
・トリプトファン
・ロイシン
・リジン
・バリン
・スレオニン(トレオニン)
・フェニルアラニン
・メチオニン
・イソロイシン
・ヒスチジン
これら9種類です。

(4)リジンは、必須アミノ酸に入っています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
ヒトのからだに必要なアミノ酸は20種類あります。

必須アミノ酸(9種)
ロイシン、イソロイシン、リジン(リシン)、
トレオニン(スレオニン)、バリン、ヒスチジン、メチオニン、
フェニルアラニン、トリプトファン

非必須アミノ酸(11種)
グルタミン、アスパラギン酸、グルタミン酸、
アルギニン、アラニン、プロリン、システイン
アスパラギン、セリン、グリシン、チロシン、

よって、
(4)リジン(リシン)は必須アミノ酸である。
が正解です。


(1)× たんぱく質を構成するアミノ酸は、10種類ではなく「20種類」です。

(2)× 逆です。非必須アミノ酸は、食品から摂取することが「必須ではない」アミノ酸です。非必須アミノ酸は、体内で合成することもできるためです。

(3)× ヒトのたんぱく質に含まれる必須アミノ酸は、6種類ではなく「9種類」です。
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
正解は 4 です。

 アミノ酸とは、厳密にはアミド基とカルボキシル基の両方を持つ有機化合物のことです。
 調理師免許で問われることの多い、たんぱく質を構成するアミノ酸と限定された場合は、およそ20個に限定されます。

1 20種類です。

2 体内で合成できないものを必須アミノ酸といいます。

3 9種類です。

 なお、この必須アミノ酸に関する正誤問題はまず間違いなく出題されます。必須アミノ酸9種は覚えたほうが取りこぼしがなくなります。

 〈必須アミノ酸〉
・トリプトファン
・リシン
・メチオニン
・ファニルアラニン
・トレオニン
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・ヒスチジン
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
正解は(4)です。

アミノ酸とは、たんぱく質を構成するものです。20種類あります。アミノ酸には、体内で合成できるものとできないものがあります。体内で合成できない9種類を「必須アミノ酸」といい、これらは食べ物からとる必要があります。

必須アミノ酸の9種類は以下の通りです。
ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、バリン

(1)誤りです。たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類です。

(2)誤りです。体内で合成できないのは必須アミノ酸です。

(3)誤りです。ヒトの必須アミノ酸は9種類です。

(4)正解です。リジンは必須アミノ酸です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。