調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

調理師の過去問 第14957問 出題

問題

無機質の機能に関する記述について、誤っているものを一つ次の中から選びなさい。
 1 . 
カルシウムは、血液凝固作用に関係する。
 2 . 
リンは、骨と歯の成分である。
 3 . 
カリウムは、不足すると骨軟化症の原因となる。
 4 . 
ナトリウムは、体液の浸透圧を維持する。

この調理師 過去問の解説(3件)

評価する
38
評価しない
正解は(3)です。


(1)体内に貯蔵しているカルシウムの1%が、血液凝固作用に関係します。

(2)骨と歯の成分は、カルシウムだけではありません。リンも関係しています。

(3)骨軟化症は、ビタミンDの不足です。

(4)ナトリウムとカリウムで、体液浸透圧を維持しています。
評価後のアイコン
2014/07/12 00:33
ID : nqefpnql
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は(3)です。

(1)カルシウムは、体内に最も多く含まれる無機質です。カルシウムは血液の凝固や筋肉の収縮、神経伝達に関わるなど重要なはたらきをしています。

(2)リンは、カルシウムの次に体内に多く含まれる無機質です。そのうちの約80%が骨や歯に存在しており、カルシウムやマグネシウムとともに骨や歯を構成しています。

(3)問題はこれが正解です。カルシウム不足が原因の一つとして考えられる病気は、骨粗鬆症や動脈硬化、高血圧です。骨軟化症の原因となるのは、ビタミンDの不足であり、誤りです。
骨は、骨をつくる骨芽細胞と、骨を壊す破骨細胞が、常に活動し新しい骨を再構築しています。ビタミンDはこの破骨細胞を活性化しているため、不足することで新しい骨が作られず、骨軟化症となります。

(4)通常浸透圧は、濃度が高い方から濃度が低い方へ移動する。ナトリウムとカリウムは体内で拮抗的にはたらいており、ナトリウムは細胞外液に多く、カリウムは細胞内液に多い。この2つが等しくバランスし、体液の浸透圧を維持しています。
評価後のアイコン
2015/05/20 15:35
ID : yctvybowqd
評価する
4
評価しない
正解は 3 です。

カリウムの主な作用として、ナトリウムと共に細胞膜間での浸透圧の調整があります。また、過剰なナトリウムの吸収を抑制したり、筋肉の動きをよくします。

カリウムが不足することで現れる主な症状は以下の通りです。

・低カリウム血症
 筋力低下、けいれん、麻痺、倦怠感、頻尿、呼吸筋麻痺、不整脈、腸閉塞などが報告あり

・食欲不振や吐き気

・脱力感、無関心、不安感などの神経障害

このように多岐にわたって症例の報告があります。
評価後のアイコン
2015/11/06 15:15
ID : hswrgknw
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。