過去問.com

調理師試験 平成23年度 栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

生活習慣病に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。

 1 . 
肥満は、糖尿病や高尿酸血症などの誘因になりやすい。
 2 . 
動脈硬化症は、日常の生活習慣との関わりでは発症しない。
 3 . 
高血圧や動脈硬化症は、心筋梗塞の誘因にはならない。
 4 . 
糖尿病は、遺伝的な要因の関わりでは発症しない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

正解は(1)です。

生活習慣病とは、高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満などを代表とするもので、食習慣や運動習慣、嗜好などの生活習慣が影響して発症する疾患群の総称です。

(1)正解です。肥満は内臓脂肪蓄積に伴って、高尿酸血症やインスリン抵抗性を生じさせ、2型糖尿病を引き起こす要因となります。

(2)誤りです。動脈硬化は動脈の内壁が肥厚し、硬化した状態のことをいいます。高血圧、喫煙などの生活習慣を要因とします。

(3)誤りです。心筋梗塞は、心臓を動かす筋肉へ栄養を送る血管が、動脈硬化によって血流が滞り、筋肉が壊死する疾患です。したがって、動脈硬化を引き起こす高血圧や、動脈硬化症は誘因として適切です。

(4)誤りです。糖尿病は、体内のインスリンが不足し高血糖に至る疾患です。インスリンの作用不足を来す遺伝的な要因はあるとされています。しかし、糖尿病そのものが遺伝することはなく、その遺伝的な要因に加えて、肥満や運動不足といった生活習慣により発症のリスクが上昇します。

2015/05/21 12:27
ID : yctvybowqd
3

正解は 1 です。

肥満は、上記で挙げられた「糖尿病」や「高尿酸血症」以外にも高脂血症や通風、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞といった様々な病気の原因となる可能性があります。

2 肥満の説明で挙げた通り生活習慣の結果肥満となり、動脈硬化につながることがあります。

3 心筋梗塞は、なんらかの理由で心臓の筋肉への酸素や栄養の供給が滞ることで心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態です。
 そのなんらかの理由の中に、高血圧や心筋梗塞によって血流が変化した状態が含まれます。

4 「糖尿病」の原因は未だ完全に解明されたわけではありませんが、若年発症型は特に強い家族内発症がみられるため、特定の遺伝子の機能異常によって発症するといわれています。

2015/11/26 21:58
ID : hswrgknw
3

正解は(1)です。

糖尿病や脂質異常症など、生活習慣病になりやすい人は、肥満であることが多いです。

2014/07/12 01:08
ID : nqefpnql
border line
調理師試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。