過去問.com

調理師試験 平成23年度 食品衛生学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ノロウイルス食中毒に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。

 1 . 
患者の糞便や吐物から二次感染する。
 2 . 
夏季に集中的に発生する。
 3 . 
潜伏期間は、12 時間以内と短時間で発症する。
 4 . 
ノロウイルスは、アルコール消毒で不活性化する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
15

正解は(1)です。

ノロウイルスは、正確に覚えておきたい項目です。

・初冬を中心に発症が増加します。
・二枚貝(牡蠣など)を生で食べるか、加熱不足で食べると発症します。
・患者の糞便や吐物から二次感染します。
・食後12~48時間の潜伏期間で症状します。
・症状は嘔吐・下痢が中心です。
・75℃1分以上の加熱か、次亜塩素酸ナトリウムで不活性化します。

2014/07/17 22:42
ID : nqefpnql
6

正解は(1)です。

ノロウイルスは、非細菌性急性胃腸炎をおこすウイルスで、特に冬季に流行します。手指や食品などを介して、経口で感染して腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。

(1)正解です。患者の糞便や吐物から二次感染をします。その他、汚染されていた二枚貝を生食や十分な加熱調理をせず食べたり、汚染された井戸水や簡易水道を消毒が不十分な状態で摂取した場合などがあります。

(2)誤りです。ノロウイルスは1年を通して発生しますが、特に冬季に流行します。

(3)誤りです。潜伏期間は24〜48時間で、おう吐、下痢、腹痛を起こします。

(4)誤りです。ノロウイルスは、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)
での消毒や加熱により不活性化させることができます。また、二枚貝などを取り扱うときは、専用のまな板や包丁を使用するか、それらの器具を使用の都度洗浄することで、他の食材への二次汚染を防止する必要があります。
問題文のアルコール等の消毒用エタノールや、逆性石鹼では消毒効果が薄いことがわかっています。

2015/06/01 18:31
ID : yctvybowqd
2

正解は 1 です。

 ノロウィルスはよく出題されますので、特徴を正確に覚えておいたほうが良いでしょう。

 ・ 一年を通じて感染するが特に「冬季」に流行。
 ・ 感染経路
   一次感染:汚染された二枚貝を生食や十分な加熱処理をせずに食べ感染。汚染された井戸水などから感染。
   二次感染:患者の糞便や吐しゃ物からの感染。人から人への飛沫感染など。
 ・ 潜伏期間は24時間から48時間。
 ・主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、軽度の発熱。
 ・予防方法: 加熱処理、次亜塩素酸ナトリウムを用いた殺菌(通常用いられるエタノールや逆性石鹸では効果が薄いため)

2016/03/01 12:41
ID : hswrgknw
border line
調理師試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。