過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第17369問」を出題

問題

[ 設定等 ]
平成 22 年(2010 年)の労働者の定期健康診断の検査結果で、最も有所見率が高いものを一つ選びなさい。
   1 .
血中脂質
   2 .
血糖
   3 .
肝機能
   4 .
血圧
( 調理師試験 平成26年度 公衆衛生学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
78
評価しない
正解は(1)です。

定期健康診断は労働安全衛生法の「労働安全衛生規則第44条」に基づいて、1年以内ごとに1回行います。
事業者は労働安全衛生法に基づき、労働者に対して、医師による健康診断を実施する義務があります。また、労働者は、事業所が行う健康診断を受ける義務があります。

平成22年度の定期健康診断においての総有所見率は52.5%であり、毎年上昇傾向となっています。
最も多い項目が血中脂質32.1%です。次が肝機能15.4%、血圧14.3%、血糖10.3%と続きます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
34
評価しない
正解は 1 です。

厚生労働省が発表している業務上疾病発生状況調査(平成22年度)の定期健康診断実施結果(年次別)によると。

有所見率が高い順に、

1位 血中脂質
2位 肝機能検査
3位 血圧
4位 血糖検査

となっています。

同じ資料の平成25年度版でも同じ順位になります。
評価後のアイコン
評価する
14
評価しない
平成22年(2010年)の労働者の定期健康診断の検査結果に関する記述については以下の通りです。

厚生労働省の発表した業務上疾病発生状況等調査にある定期健康診断実施結果によると、有所見率の高い順に

 ・血中脂質 約32% (1)
 ・肝機能 約15% (3)
 ・血圧 約14% (4)
 ・血糖 約10% (2)

となります。

なお、年々有所見率は上昇しており、
平成26年より、血圧と肝機能の順位が逆転しています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。