過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第17404問」を出題

問題

[ 設定等 ]
油脂を用いる調理に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
キャベツの炒め物をつくるには、材料の重量の 3%の油脂を用いる。
   2 .
ルーをつくるには、小麦粉の重量の 3%の油脂を用いる。
   3 .
チャーハンをつくるには、米飯の重量の 3%の油脂を用いる。
   4 .
薄切り肉を焼くには、肉の重量の 3%の油脂を用いる。
( 調理師試験 平成26年度 調理理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
90
評価しない
正解は(1)です。

(1)正解です。炒め物の性状は、油量によって異なります。1%では焦げてつやがない状態、3%では鍋に油が残らず炒め物につやがある状態、5%では鍋に油が多少残る状態、7.5%では鍋全体に油が浮いて残る状態、10%では油が流れて揚げ物と似た状態になります。それぞれ食品によって適当な油量があり、キャベツは3%です。

(2)誤りです。ルーの小麦粉と油脂の割合はほぼ同じ割合です。

(3)誤りです。チャーハンをつくる時に必要な油脂は、米飯の重量の7〜10%です。

(4)誤りです。肉を焼くには3%の油脂では少なく、5〜7%の油脂が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
正解は①です。

①キャベツやもやしなど水分が多い食材や、炒め時間の短い食品は、3%の油脂量が適量です。

②ルーを作る際の油脂量は、小麦粉と同量の油脂が必要です。3%では小麦粉が油脂と馴染みきらず、粉として残ってしまいます。

③チャーハンの油脂量は7~10%が適量です。少なすぎると、ご飯に油のコーティングが出来ずベチャッとした仕上がりになってしまいます。

④たんぱく質食品(肉や魚)は5%が適量です。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は 1 です。


炒め物に必要な油の量は食材によってばらつきがあります。
概ね5%以内です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。