過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第19296問」を出題

問題

[ 設定等 ]
生活習慣病とそれを引き起こすリスク要因の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
《生活習慣病》肺がん ---------- 《リスク要因》肥満
   2 .
《生活習慣病》胃がん ---------- 《リスク要因》砂糖の過剰摂取
   3 .
《生活習慣病》虚血性心疾患 ---- 《リスク要因》運動不足
   4 .
《生活習慣病》糖尿病 ---------- 《リスク要因》やせ
( 調理師試験 平成27年度 公衆衛生学 )

この過去問の解説 (5件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
正解は 3 です。

 解答欄について一つずつ解説していきます。

1 肺がんについては種類によって要因が複数ありますが、どれにも共通するのは「喫煙」でリスクがあがることがよく知られています。次いで大気汚染、また女性に限り女性ホルモン(エストロゲン)の影響がしられています。

2 胃がんについては、「塩分の過剰摂取」、「ヘリコバクターピロリ菌」、「喫煙」、「過剰な飲酒」が良く知られています。これらに限らず例えば香辛料を過剰に摂取したり、唐辛子を過剰摂取したりと、胃の粘膜への刺激が胃がんへとつながります。

3 虚血性心疾患とは、何らかの要因によって心臓の筋肉に血液がいかなくなることを言います。その症状や原因によっていくつか種類がありますが、基本的には一番の要因は「動脈硬化」です。この動脈硬化は言ってみれば虚血性心疾患の前段階にあたります。そして、この「動脈硬化」の要因として、「高血圧」、「高脂血症」、「喫煙」、「糖尿病」、「肥満」があり、これらがそのまま虚血性心疾患のリスク要因でもあります。

4 糖尿病にはいくつか種類がありますが、大きくまとめるとリスク要因として、「遺伝因子」と「環境因子」が挙げられます。
 「遺伝因子」はその名の通り両親や兄弟に糖尿病である場合発症リスクが跳ね上がります。
 「環境因子」、これが生活習慣病としての要因となります。「肥満」、「高脂肪食」、「運動不足」、「ストレス」、「喫煙」などです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は3です。

生活習慣病と特定されていますので、どのような生活習慣が影響を及ぼすか解説していきます。

①肺がんー「喫煙」が生活習慣の中でも危険リスクが最も高い生活習慣です。次いで「受動喫煙」があげられます。

②胃がんー胃がんはまだはっきりとした原因が特定されていませんが、主に食生活の多様化などが影響しているのではないかと言われています。「塩分過多」「熱すぎる食事」「焦げた食物」や「過食」「早食い」「過剰な飲酒」が食生活では原因とみられています。また「喫煙」は胃の粘膜に傷をつける物質が含まれているため食事以外の生活習慣で胃がんの発生リスクを上げています。

③虚血性心疾患ー病名としては狭心症や心筋梗塞の事を指しています。生活習慣の危険因子は「肥満」「運動不足」「高カロリーな食事」「過剰なストレス」「喫煙」です。ここへ至る前段階で高脂血症や高血圧といった病気が現れることがほとんどです。

④糖尿病ー生活習慣とは別に遺伝因子がとても強い病気です。生活習慣での危険因子は「食べすぎ」「肥満」「激しい偏食」「過剰な飲酒」「運動不足」「不規則な生活」「ストレス」が上げられます。血縁関係に糖尿病患者がいる場合は生活習慣に特に注意が必要です。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は「3」です。

各々の生活習慣病のリスク要因を見ていきましょう。

①肺がん…主なリスク要因は「喫煙」です。この中には「受動喫煙」も含まれ、他にも大気汚染などが挙げられます。
②胃がん…主なリスク要因は「塩分の過剰摂取」です。他には、「過剰な飲酒」「過食」などが挙げられます。
③虚血性心疾患…主なリスク要因は「脂肪の摂り過ぎ」「運動不足」「喫煙」などが挙げられます。
④糖尿病…主なリスク要因は「糖分の摂り過ぎ」「偏食」「肥満」などが挙げられます。

評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
生活習慣病とそれを引き起こすリスク要因については以下の通りです。

偏った食習慣や運動不足、飲酒、喫煙、などの生活習慣によって引き起こされる病気を生活習慣病といいます。主な生活習慣病とそのリスク要因としては、

 高血圧・肥満 (塩分・運動不足) 
 糖尿病    (肥満)    →4.やせ ×
 痛風     (肥満・飲酒・プリン体)
 虚血性心疾患 (高血圧・高脂血症・喫煙・運動不足)   →3.○
 肺がん    (喫煙)    →1.肥満 ×
 胃がん    (塩分・喫煙) →2.砂糖の佐城摂取 ×

などが挙げられます。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は3です。
1.肺がん…最大のリスク要因は、喫煙です。
他にも大気汚染物質などのリスク要因がありますが、喫煙が加わることで、発症リスクは劇的に上昇します。
2.胃がん…砂糖ではなく、塩分の過剰摂取がリスク要因になります。他にも、喫煙・ピロリ菌・多量の飲酒などがあります。
3.虚血性心疾患…高血圧・高脂血症・喫煙・糖尿病・肥満など。
過食や運動不足で肥満になると、高血圧・高脂血症・糖尿病などのリスクが高くなるので、運動不足も虚血性心疾患のリスク要因とも言えます。
4.糖尿病…やせではなく、肥満がリスク要因です。
他にも、遺伝・加齢・身体的活動量の低下などがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。