過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第25504問」を出題

問題

[ 設定等 ]
原因施設別食中毒発生数(平成16年(2004年)〜平成25年(2013年)合計)に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
事件数がもっとも多い施設は、給食施設である。
   2 .
患者数がもっとも多い施設は、仕出屋である。
   3 .
死者数がもっとも多い施設は、家庭である。
   4 .
原因が判明した施設数は、9割を超えている。
( 調理師試験 平成28年度 食品衛生学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
34
評価しない
(3)正解です。
大量調理のほうが食中毒事故の規模は大きいのですが、
届け出のある家庭内での食中毒事故は、症状の重篤なケースが多いです。

(1)(2)事件数・患者数とも「飲食店」が圧倒的に多いです。
(4)9割を超えていません。
(厚生労働省 4.食中毒統計資料 年次別食中毒発生状況)
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
(1)×(2)× 患者数、事件数は飲食店が最も多いです。

(3)○ 食中毒というと、レストランなどの飲食店で起こると思われがちですが、家庭でも発生します。

家庭内での食中毒は、気づくのが遅れて重症化することも多く、死亡者が一番多いのは家庭における食中毒です。

(4)× 原因が判明する施設は9割を超えていません。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
(1)、(2)誤り。患者数、事件数共に飲食店が多いです。
飲食店と一言で言っても、バー、カフェ、居酒屋、レストランなどかなりの種類、店舗数があるのも一番多い理由の一つであると考えられます。

(3)記述の通り。食中毒は飲食店などで起こりがちという印象がありますが、家庭でもおこります。
家庭での食中毒は人数も少なく、体調が悪くなっても、風邪や寝冷えと思われ気付くのが遅れて、重症化してしまうことがあります。

(4)誤り。原因が判明した施設は9割を超えません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。