過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第25531問」を出題

問題

[ 設定等 ]
お正月から始まる1年間の行事の順番として、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
重陽の節句 → 端午の節句 → 上巳の節句 → 節分
   2 .
上巳の節句 → 節分 → 重陽の節句 → 端午の節句
   3 .
端午の節句 → 重陽の節句 → 節分 → 上巳の節句
   4 .
節分 → 上巳の節句 → 端午の節句 → 重陽の節句
( 調理師試験 平成28年度 食文化概論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
43
評価しない
行事を順番に並べると

節分 → 上巳の節句 → 端午の節句 → 重陽の節句

節分…立春の前日(2月4日ごろ)
上巳の節句(=桃の節句)…上巳(3月3日)
端午の節句…5月5日
重陽の節句…9月9日

となります。

よって、行事の順番を正しくあらわしている「4」を選択するのが正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
4が正解です。

・お正月から始まる1年間の行事の順番として、正しいものは 『 節分 → 上巳の節句 → 端午の節句 → 重陽の節句』になります。

・節分→2月4日頃を指します。
節分とは「季節を分ける」ことで、江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いといわれています。

・上巳の節句 →3月3日を指します。
。旧暦の3月3日は桃の花が咲く季節であることから、桃の節句とも呼ばれています。
京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除を願った「上巳の節句」が始まりとされています。

・端午の節句→5月5日を指します。
月の端の午の日という意味で、午(ご)と五(ご)の音が同じということで、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。

・重陽の節句 → 9月9日を指します。
旧暦では菊が咲く季節でもあるので、菊の節句と言われることもあります。
また 陰陽思想では奇数は陽の数となり、陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれています。

上記と、7月7日の七夕を入れ、『五節句』と言われいます。
評価後のアイコン
評価する
18
評価しない
正解は(4)です。


選択肢の行事をお正月を基準に並べると、

節分(2月4日頃)

上巳の節句(3月3日)

端午の節句(5月5日)

重陽の節句(9月9日)

です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。