過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第31534問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




エネルギー代謝に関係するビタミンとして、誤っているものを一つ選びなさい。
 1 . 
ビタミンB1
 2 . 
ビタミンB2
 3 . 
ビタミンC
 4 . 
ナイアシン
( 調理師試験 平成29年度 栄養学 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
32
評価しない
3 . ビタミンC
を選択するのが正解です。

食品からとりこんだ糖質、たんぱく質、脂質を分解してエネルギーに変換するには、それぞれの過程でビタミンBのはたらきが必要です。

エネルギー代謝に関与している栄養素は、ビタミンB群(ビタミンB1、 B2、 B6、 B12、 ナイアシン、パントテン酸など)です。
ビタミンCだけが、ビタミンB群に該当しません。

(1)ビタミンB1は、主に糖質の代謝に関与しています。

(2)ビタミンB2は、主に脂質の代謝に関与しています。

(4)ナイアシンは、糖質、たんぱく質、脂質を代謝する時、補酵素として補助的な立場でエネルギー代謝に関与します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
エネルギー代謝にはビタミンB群が大きく関与しています。

ビタミンB群とは、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンです。

選択肢中、唯一ビタミンB群ではないビタミンCを選択するのが正解です。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は3 . ビタミンCで、エネルギー代謝に関与していません。ビタミンCはコラーゲンの合成・抗酸化作用・鉄の吸収を高める働きがあります。

1 . ビタミンB1は糖質代謝の補酵素としてエネルギー代謝を高めます。

2 . ビタミンB2は脂質・タンパク質・糖質の代謝の補酵素としての働きがあります。

4 . ナイアシンは糖質の代謝の補酵素としての働きがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。