過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第39300問」を出題

問題

[ 設定等 ]
小麦粉の調理性に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
小麦粉中の炭水化物が水分を吸収して、弾力性のあるグルテンを形成する。
   2 .
強力粉中には、グルテンが多いので天ぷらの衣に適する。
   3 .
薄力粉を用いたスポンジケーキの生地は、撹拌(かくはん)するほど粘りが増す。
   4 .
小麦粉生地に食塩を添加すると、弾力性が失われる。
( 調理師試験 平成30年度 調理理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
32
評価しない
1 . グルテンを形成するには炭水化物ではなく、
たんぱく質が必要です。
グリアジンとグルテニンという2つのたんぱく質が
水分を吸収することで絡み合い、グルテンが形成されます。

2 . 天ぷらはグルテンが少ない方がサクッと仕上がるので
薄力粉が適しています。
強力粉は グルテンの量が多く、パンや餃子の皮に
適しています。

3 . グルテンには撹拌するほど粘りが増す性質があります。
薄力粉にもグルテンは含まれているので
薄力粉を用いたスポンジケーキの生地は、撹拌するほど粘りが増します。

4 . 塩はグルテンの弾力性を強くする性質があります。
小麦粉生地に食塩を添加すると、弾力性が強くなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解 3

1.本文中の炭水化物ではなく、「タンパク質」が水分を吸収して、弾力のあるグルテンになります。明らかに誤りになります。

2.マカロニやパン、餃子の皮は強力粉になります。天ぷら粉は薄力粉が最適になります。本肢も誤りです。

3.まさに「菓子や天ぷら」は、薄力粉になります。本肢の記述の通りになります。正しいです。

4.食塩を添加しますと、粘弾性や伸展性が増大されます。本肢の最後の表現が誤りです。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
3が正解です。

1.タンパク質が水分を吸収して弾力性のあるグルテンを形成する為誤りです。

2.強力粉はグルテンが多いのでパン、ピッツァ、餃子の皮に適しているので誤りです。天ぷらに適しているのは薄力粉です。

3.撹拌するほど粘りが増すので正解です。

4.塩を加えることで弾力性が増すので誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。