過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第46851問」を出題

問題

[ 設定等 ]
食品とその食中毒の主な原因物質の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
オニカマス ----- シガトキシン
   2 .
アサリ --------- テトロドトキシン
   3 .
イシナギ ------- ビタミンE
   4 .
フグ ----------- エンテロトキシン
( 調理師試験 令和元年度 食品衛生学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
30
評価しない
正解は1です。

1:オニカマスは熱帯・亜熱帯に生息する魚類です。
我が国では、南西諸島・伊豆七島・小笠原諸島などで発生する食中毒です。有毒成分は「シガトキシン」・スカリトキシン・マイトトキシンです。
シガテラ中毒といいます。
⇒よって正解です。

2:アサリの毒素は、サキシトキシンやベネルピンです。テトロドトキシンはフグの毒成分です。

3:イシナギという魚類の肝臓による、ビタミンA
過剰症です。イシナギの肝臓は昭和35年以来、食用禁止になっています。

4:フグの毒成分はテトロドトキシンです。内臓、特に卵巣に最も多く含まれています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は1です。

1.シガトキシンは神経毒をもつ毒素です。
生物の体内に蓄積されやすく、食物連鎖を通じてイシガキダイやオニカマスなど大型魚の体内で濃度が増大します。これを生物濃縮と言います。

2.テトロドトキシンはフグの神経毒です。
アサリに含まれる主な毒はサキシトキシンです。

3.イシナギの肝臓は有毒部位で、ビタミンAによる過剰症を引き起こします。
そのため、イシナギの肝臓は1960年に食用禁止となりました。

4.フグの毒はテトロドトキシンという神経毒です。
特に卵巣に多く含まれており、フグの調理には専門の免許が必要です。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない

正解は1です。

植物や動物に含まれる有毒成分を取り込んで起こる食中毒を「自然毒食中毒」といいます。そのうち「動物性自然毒」には以下の種類が挙げられます。

テトロドトキシン(フグ毒):フグ
シガトキシン(シガテラ毒):バラハタ・オニカマス・イシガキタイなど
ビタミンA:イシナギの肝臓
ゴニオトキシン・サキシトキシン(麻痺性貝毒):アサリ・カキなどの二枚貝
オカダ酸・ディノフィシストキシン(下痢性貝毒):アサリ・カキなどの二枚貝


各選択肢については、以下のとおりです。

1 .オニカマスに含まれる有毒成分は「シガトキシン」なので、正解です。

シガトキシンはバラフエダイ・バラハタ・イシガキダイ・オニカマスなどに含まれる有毒成分です。オニカマスは南日本に生息する大型の海水魚。シガトキシンによる食中毒は「シガテラ毒」と呼ばれ、主に沖縄県にみられます。

2 . テトロドトキシンは、アサリではなくフグに含まれるので、誤りです。

3 .イシナギの肝臓に含まれ健康被害を起こすのはビタミンEではなくビタミンAなので、誤りです。

ビタミンAが豊富に含まれ、ビタミンAの過剰症を起こすため、現在は肝臓の食用が禁止されています。

4 .エンテロトキシンは「黄色ブドウ球菌」が産生する毒素なので、誤りです。フグ毒は「テトロドトキシン」です。名前が似ているのでまぎらわしいですね。(トキシン=毒)

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。