過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問 平成23年度 衛生法規 問6

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
都道府県知事が調理師免許を取り消すことができる要件として、誤っているものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
結核に罹った者
   2 .
罰金以上の刑に処せられた者
   3 .
調理の業務に関し、食中毒その他衛生上重大な事故を発生させたとき
   4 .
麻薬、あへん、大麻または覚せい剤の中毒者
( 調理師試験 平成23年度 衛生法規 問6 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

65
正解は(1)です。

調理師免許の取り消しは、調理師法に規定されています。

・覚せい剤の中毒者
・罰金以上の刑に処せられた者
・食中毒その他衛生上重大な事故を発生させた時

この3つで、取り消すのは都道府県知事です。

整理して覚えておきましょう。

付箋メモを残すことが出来ます。
17
正解は(1)です。

調理師法は、調理師全般の業務・資格に関して定められた法律です。
都道府県知事による免許の取り消しについては、第4条の2、第6条にあり、

第4条の2には、①麻薬、あへん、大麻又は覚せい剤の中毒者
        ②罰金以上の刑に処せられた者

第6条には、調理の業務に関し食中毒その他衛生上重大な事故を発生させたとき                                 
とあります。したがって、正しいのは(2)、(3)、(4)です。
結核に罹患しても取り消しになる免許や資格はありません。

15
正解は 1 です。

 この取り消すことができる要件のことを「免許の欠落事由」といいます。
 またこれには二つの種類があります。

 「絶対的欠落事由」免許が与えられない事由です。
 ・調理業務において、食中毒などの衛生上重大事故をおこし、免許取消処分を受けてから一年未満のもの。

 「相対的欠落事由」免許が与えられない場合がある事由です。
 ・麻薬などの中毒者
 ・罰金刑以上に処せられた者。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この調理師 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。