過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問 令和2年度12月実施分(2020年) 権利関係 問8

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
1億2,000万円の財産を有するAが死亡した場合の法定相続分についての次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものの組み合わせはどれか。

ア  Aの長男の子B及びC、Aの次男の子Dのみが相続人になる場合の法定相続分は、それぞれ4,000万円である。
イ  Aの長男の子B及びC、Aの次男の子Dのみが相続人になる場合の法定相続分は、B及びCがそれぞれ3,000万円、Dが6,000万円である。
ウ  Aの父方の祖父母E及びF、Aの母方の祖母Gのみが相続人になる場合の法定相続分は、それぞれ4,000万円である。
エ  Aの父方の祖父母E及びF、Aの母方の祖母Gのみが相続人になる場合の法定相続分は、E及びFがそれぞれ3,000万円、Gが6,000万円である。
   1 .
ア、ウ
   2 .
ア、エ
   3 .
イ、ウ
   4 .
イ、エ
( 宅建試験 令和2年度12月実施分(2020年) 権利関係 問8 )
このページは問題一覧ページです。
解答履歴が残りません。解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

18

正解は3ですので、正しいのはイとウになります。

アとイはいずれも、Aの長男の子B、Cおよび次男の子D、つまり孫が相続する場面ですので、代襲相続が問題となります(親であるAよりも先に子である長男・次男が死んでしまっている場面で問題となります)。

この場合、相続分は代襲相続人の直系尊属(つまり、B、Cの親であるAの長男とDの親であるAの次男)を基準に決めるので(民法901条1項)、長男側(BとC)と次男側(D)とで、等分に分けてそれぞれ6000万円ずつにわけ、その後BとCで等分に分けるので、Bが3000万円、Cが3000万円、Dが6000万円となり、アではなくイが正しいことになります。

ウとエは、祖父母という同順位の相続人が3人いる場合ですので、「各自の相続分は、相等しいものとする」という民法900条4号の規定に従って、E、F、Gでそれぞれ等分し、それぞれ4000万円ずつとなります。

よって、ウが正しく、エは間違っていることとなります。

付箋メモを残すことが出来ます。
12

正解は3(イとウ)です。

これは法定相続分に関する問題です。

法定相続分とは法律上定められた遺産の取り分の割合のことです。

この問題では被相続人であるAは1億2,000万円の財産を残して亡くなっています。

登場人物はAの他に孫のB・C(長男の子)、D(次男の子)、祖父母E・F(父方)、祖母A(母方)がいます。

①ア・イ 代襲相続の問題

代襲相続とは子供が死んだ場合などに、孫が直接相続することです。

B・C・Dの3人はAから見て孫という同じ立場です。

しかし、B・Cは長男の子でDは次男の子です。

もし長男と次男でAの遺産を分けるとすると長男と次男はそれぞれ6,000万円ずつ相続します。

そしてそれをB・C・Dが相続するとB・Cはふたりで6000万円なので3000万円ずつ、一方Dは6,000万円をそのまま相続します。

ここで選択肢ア・イを見ると

ア B・C・D3人で4000万円ずつ

イ B・Cが3,000万円、Dが6,000万円

なので正しいのはイとなります。

②ウ・エ

今度は祖父母が相続する場合です。

孫の例で考えればE・Fで半分、Gで半分と思いますね。

しかしこちらは同じ順位の相続人が3人いると考えて1億2,000万円を3人で分けるため4,000万円ずつとなります。

選択肢を見ると

ウ E・F・Gそれぞれ4,000万円

エ E及びFがそれぞれ3,000万円、Gが6,000万円

なので正しいのはウです。

4

【正解3.イ・ウ】

(設問ア・イ解説)

A→長男、次男 

(ここでの相続分は2分の1ずつですので、

相続分は長男:6000万円 次男6000万円)

設問の場合相続人はB,C,D。

代襲相続が発生しているのでそれぞれ長男、次男(被代襲者)の

相続分を引き継ぎます。

長男→B,Cは2分の1ずつ相続するので(B:3000万円 C:3000万円)

次男→Dはそのまま相続するので(D:6000万円)

よって【設問ア】は誤りです。

(設問ウ・エ解説)

A→父・母

父→祖父E・祖母F

母→祖母G

直系尊属が法定相続人となる場合は

代襲相続という概念が無い為、相続人3人で

均等に配分されます。

「1億2000万円×3分の1=4000万円」

よって【設問エ】は誤りです。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この宅建 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。