過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第14907問」を出題

問題

[ 設定等 ]
嗜好飲料に関する記述について、正しいものを一つ次の中から選びなさい。
   1 .
紅茶の発酵は、茶葉に付着した酵母菌の働きによる。
   2 .
コーヒーの特有の香りは、アミノカルボニル反応によって生成する。
   3 .
酒税法でいう酒類は、アルコール分を 0.5%以上含む飲料である。
   4 .
リキュールは、果実発酵酒を蒸留して熟成させたものである。
( 調理師試験 平成24年度 食品学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
100
評価しない
正解は(2)です。

(1)紅茶の発酵は、茶葉に含まれる酸化酵素の作用を利用します。

(2)アミノカルボニル反応が関与するものは、
・コーヒー豆の焙煎
・玉ねぎを炒めた時の色
・黒ビールやチョコレートの色
・パンやごはんの焦げ
・味噌や醤油の色素
などがあるので、合わせて覚えておきましょう。

(3)アルコール分1%以上を、酒類と規定されています。

(4)リキュールとは、蒸留酒に、果実、花などの香味を移したお酒です。(例:梅酒)
果実発酵酒を蒸留して熟成させたものは、ブランデーです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は(2)です。

(1)誤りです。茶は発酵の方法によって種類が異なります。
ここでの発酵とは乳製品に用いられる微生物による発酵ではなく、酸化酵素によるものです。発酵の種類には不発酵茶(緑茶など)、半発酵茶(烏龍茶など)、発酵茶(紅茶など)があります。

(2)正解です。このアミノカルボニル反応は、メイラード反応とも呼ばれ、糖質とアミノ酸が加熱されることで褐色化や特有の香りを発生させます。
コーヒー豆を焙煎すると、このアミノカルボニル反応やカラメル化が起こって、豆が色づいたり複雑な香りがたちます。

(3)誤りです。酒税法では、酒類はアルコール分を1%以上含むものと定義されています。
【清酒、合成清酒、焼酎、みりん、ビール、果実酒類、ウイスキー類、スピリッツ類、リキュール類、雑酒】の10種類に分類されます。

(4)誤りです。リキュールは、蒸留酒に果実などの副材料を加えて香りや味を移し、砂糖や着色料を添加したものです。問題文の、果実発酵酒を蒸留して熟成させたものは、リキュールのもととなる蒸留酒の説明です。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は 2 です。

アミノカルボニル反応とはメイラード反応とも言われます。
この反応は、糖類とアミノ化合物を加熱した際に、食材の褐変化(茶色に色づく)、特有の香りを発生させる現象です。

1: 紅茶の発酵は、酵母ではなく、茶葉にふくまれる酸化酵素による「酵素発酵」です。

3: アルコール分1%以上の飲料が酒類として定義されています。

4: リキュールとは、蒸留酒に果実やハーブなどを加えて風味をつけ、砂糖やシロップや着色料で調整した混成酒です。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は(2)になります。
(1)は茶葉に含まれる酸化酵素の働きでカテキンなどを酸化発酵させます。(3)酒税法では1%以上からアルコールと定めてある。(4)の答えは蒸留酒(スピリッツ)に香や味を入れたアルコール類をリキュールと言います。答えの(2)は食材に火を入れて焼いた時にアミノカルボニル反応が起きます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。