過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第17358問」を出題

問題

[ 設定等 ]
健康増進法の規定に関する記述について、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
能動喫煙の防止
   2 .
特別用途食品の表示
   3 .
誇大表示の禁止
   4 .
食事摂取基準の策定
( 調理師試験 平成26年度 衛生法規 問6 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
81
評価しない
正解は 1 です。

能動喫煙とは、自らがタバコを吸って煙を吐くことです。これは当然禁止されていません。
なお、受動喫煙に関しては、健康増進法25条において、多人数が利用する施設の管理者は、受動喫煙を防止するために努めなければならないという努力義務があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
35
評価しない
健康増進法では、主に以下のものが規定されています。

・国民健康栄養調査(生活習慣病・食事摂取基準)  (4)
・保健指導・栄養指導
・特定給食施設の栄養管理
・受動喫煙の防止
・特別用途表示及び栄養表示基準 (2)
・虚偽誇大広告等禁止 (3)

よって、誤りは1.能動喫煙の防止 となります。

なお、健康を増進し疾病を予防する一次予防に重点をおいた「健康日本21」(平成12年)を推進するために健康増進法が施行(平成15年)されました。
評価後のアイコン
評価する
30
評価しない
正解は(1)です。

能動喫煙は、喫煙者が自らの意思で喫煙することです。
受動喫煙は、非喫煙者が自らの意思と無関係に副流煙によって喫煙してしまうことです。

健康増進法で規定されているのは、「受動喫煙の防止」で、学校、体育館、病院などの多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について受動喫煙を防止するために必要な措置をとるよう努力する義務があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。