過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第17366問」を出題

問題

[ 設定等 ]
我が国における平成 23 年(2011 年)の死因別死亡数で、死因別死亡割合の三大死因として、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
悪性新生物
   2 .
心疾患
   3 .
脳血管疾患
   4 .
肺炎
( 調理師試験 平成26年度 公衆衛生学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
65
評価しない
正解は(3)です。

平成23年の死亡数は125万3463人で、前年度の119万7012人に比べて5万6451人増加しています。
日本では50年以上にわたり、「悪性新生物」「心疾患」「脳血管疾患」が上位を占め、3大死因とされてきました。しかし、近年少しずつ「脳血管疾患」が減少傾向になっていき、4番目に死亡者の多い「肺炎」が増加していました。

「脳血管疾患」が減少している原因としては、医療技術の発達による影響があるとされ、「肺炎」が増加している原因としては、高齢者人口が増加したことによるものがあると考えられています。


平成23年は「肺炎」が「脳血管疾患」を上回り、3番目となった年であり、3大死因は「悪性新生物」「心疾患」「肺炎」となるため、(3)が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
27
評価しない
正解は 3 です。

過去の傾向からも、生活習慣病に関する分野は頻出しています。三大死因の順位は確実に覚えてください。

平成23年度、24年度共に1位から4位まで変わりません。

1位 悪性新生物(癌)
2位 心疾患
3位 肺炎
4位 脳血管疾患

また、1位から3位までで全死因のおよそ54%を占めます。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
我が国における死因別死亡数に関する記述は以下の通りです。

平成23年の人口動態統計では、
 ・悪性新生物  約30% (1)
   死亡数は上昇、昭和56年以降ずっと1位
 ・心疾患 約15% (2)
   昭和60年以降2位
 ・肺炎  約10% (4)
   昭和50年以降4位も上昇傾向、平成23年に3位になる。死亡者のほとんどが高齢者。
 ・脳血管疾患  約10% (3)
   昭和26年以降1位だったが、昭和45年をピークに減少
 ・不慮の事故  約5%
 ・老衰  約4%
 ・自殺  約2%

悪性新生物、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣で約6割を占めることにも注意が必要です。

今回は3大死因でないものを選択しますので、3.脳血管疾患 が正解です。

なお、以降平成27年まで、これらの順位に変わりはありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。