過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第17408問」を出題

問題

[ 設定等 ]
調理素材の色に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
カロテノイド色素は、加熱により退色する。
   2 .
フラボノイド色素は、酸性で黄色になる。
   3 .
クロロフィル色素は、加熱により変化しにくい。
   4 .
アントシアニン色素は、酸性で赤色になる。
( 調理師試験 平成26年度 調理理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
64
評価しない
正解は 4 です。

「アントシアニン」=赤(酸性)、青(アルカリ性)、紫色。黒豆やナスに含まれ、調理時に古釘やミョウバンを入れると色素が安定します。

1:「カロテノイド」=赤、橙色、黄色。熱に強く、加熱ではほとんど変色しません。かぼちゃや唐辛子に含まれます。

2:「フラボノイド」=白(酸性)、薄黄色(アルカリ性)。豆類、穀類、淡色野菜、かんきつ類などに含まれます。

3:「クロロフィル」=緑色。葉緑素のことです。酸によって退色します。また、長く煮ることで黄褐色に変化します。重曹などのアルカリ性によって色が鮮やかになり、食塩を加えることで色素が安定します。緑黄色野菜に含まれます。

この他に
「ヘム」=鮮紅色。酵素によって色が鮮やかになり、放置しておくと褐色にへんかします。魚の赤みや肉に含まれます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
正解は(4)です。

(1)誤りです。カロテノイド色素は、酸性で退色します。

(2)誤りです。フラボノイド色素は酸性で白色、アルカリ性で黄色となります。

(3)誤りです。クロロフィル色素は、酸性や加熱により退色し黄色になります。アルカリ性で安定し、緑色を保ちます。

(4)正解です。アントシアニン色素は、酸性で赤色、アルカリ性で青色になります。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は④です。

①カロチノイド色素ー赤・橙色・黄色を呈する色素です。熱には強く安定しますが、日光にやや弱く退色します。

②フラボノイド色素ー酸性~中性で白、アルカリ性で黄色になります。

③クロロフィルは葉物野菜に含まれる緑色の色素で葉緑素のことです。酸や長時間の熱湯過熱で黄褐色に退色します。アルカリ性で過熱すると鮮やかな緑色に安定します。

④アントシアニンはpH変化で色調が変化します。酸性が強くなるほど明るい赤で安定します。弱酸性~中性で紫、アルカリ性が強くなるほど濃い青を示しますが、不安定な色素になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。