過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第19286問」を出題

問題

[ 設定等 ]
1914年の第一次世界大戦の頃、近代フランス料理の基礎を確立した人物として、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
ブリヤ・サヴァラン
   2 .
ジャン・トロワグロ
   3 .
ジョルジュ・オーギュスト・エスコフィエ
   4 .
ポール・ボキューズ
( 調理師試験 平成27年度 食文化概論 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
78
評価しない
正解は 3 です。

 「ジョルジュ・オーギュスト・エスコフィエ」紹介される際にはエスコフィエと略されることも多いです。1870年の普仏戦争に従軍したことがきっかけでフランス料理の現代化にまい進することになります。
 ポイントとしてはフランス料理の「大衆化」「現代化」「料理人の地位向上及び規律化」「厨房の各部署にシェフを置くブリゲート・ド・キュイジーヌ」「コースメニューの導入」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
25
評価しない
正解は3です。
1.ブリヤ・サヴァランは、フランスの政治家。『美味礼讃』を著した食通としても有名。
2.ジャン・トロワグロは、フランスの料理人。
4.ポール・ボキューズは、フランスの3つ星シェフで、ボキューズ・ドール賞の創設者。
評価後のアイコン
評価する
23
評価しない
正解は3です。
ジョルジュ・オーギュスト・エスコフィエ(通称エスコフィエ)は現在のフランス料理界の基礎を作ったことでフランス料理界や食通の間では偶像視されています。
ホテルリッツとカールトンホテルをリッツと共に創業し現在のリッツカールトンホテルへと受け継がれています。
エスコフィエ個人としては1903年に「料理の手引き」を出版。フランス料理界では現在も古典料理のレシピ集、教科書として使用されています。
またエスコフィエの名は料理人に授けられる栄誉称号「ディシプル・オーギュスト・エスコフィエ」として現在も残っています。
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
正解は「3」です。

ジョルジュ・オーギュスト・エスコフィエは、フランス料理をあらゆる視点で改革した人物です。
エスコフィエは、従来の複雑な調理過程を簡略化し、効率的にかつ味を重視した料理への改革に貢献しました。
また、現代のコース料理に近い料理提供方法も確立させ、それまでの豪華で量の多いフランス料理とは全く異なるものを生み出したといえます。調理法に関しても、現在のフランス料理において多く用いられています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。