過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第19312問」を出題

問題

[ 設定等 ]
魚類の成分に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
血合い肉の暗赤色は、ミオグロビンによる。
   2 .
脂質の脂肪酸組成は、不飽和脂肪酸より飽和脂肪酸の割合が多い。
   3 .
煮魚の煮こごりは、魚肉に含まれるエラスチンに由来する。
   4 .
鮮度低下に伴い、グリコーゲンが増加する。
( 調理師試験 平成27年度 食品学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
46
評価しない
正解は1です。

誤り部分の正しい回答を記載します。

②脂質の脂肪酸組成は、飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸の割合が多い。

③煮魚の煮こごりは、魚肉に含まれるコラーゲンが多く含まれたゼラチンに由来する。

④鮮度低下に伴い、グルタミン酸が増加する。
※魚は死後自己消化が始まります。筋肉を動かすエネルギー源であるグリコーゲンやアデノシン三リン酸(ATP)が分解されます。グリコーゲンからグルタミン酸、ATPからイノシン酸が生成されます。魚は死後少し時間が経過してからの方が美味しいのはこの自己消化の作用によるものです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
魚類の成分に関する記述については以下の通りです。

1.血合い肉の暗赤色は、ミオグロビンによる。 〇
  血合い肉には、酸素を貯蔵する機能をもつミオグロビンという色素たんぱく質が豊富です。その色素を構成しているのがヘム鉄で、鉄分が豊富に含まれます。

2.脂質の脂肪酸組成は、不飽和脂肪酸より飽和脂肪酸の方が割合が多い(× 少ない)。
  バター・ラード・牛脂→飽和脂肪酸
  魚油・植物油→不飽和脂肪酸

3.煮魚の煮こごりは、魚肉に含まれるエラスチン
(× コラーゲン)に由来する。
  コラーゲンは動物や魚の骨や皮に含まれているたんぱく質で、煮汁に溶けだし冷えて固まったものが煮こごりです。
  エラスチンとは、コラーゲン同士を結びつける働きのあるたんぱく質で、肌の弾力を保つ性質があります。

4.鮮度低下に伴い、グリコーゲンが増加(× 減少)する。
  魚の死後、筋肉中のグリコーゲンは乳酸に分解され減少していきます。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は「1」です。

ミオグロビンは、筋肉に存在しており、酸素を貯蔵・運搬するタンパク質の事です。

2…魚類に関しては、飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸の方が多くなっています。
  代表的なものにDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの、多価不飽和脂肪酸があります。

3…煮こごりは、魚肉の「コラーゲン」に由来します。

4…魚類は死後、筋肉中に含まれるグリコーゲンが分解され乳酸を生成する為、グリコーゲンは「減少」します。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は1です。
2.魚類は不飽和脂肪酸の割合のほうが多い。
 魚類に含まれる不飽和脂肪酸の代表的なものとしては、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などがあります。

3.煮こごりは、コラーゲンに由来します。

4.魚類は死後、グリコーゲンは分解されるため、増加ではなく減少します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。