過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第19314問」を出題

問題

[ 設定等 ]
牛乳に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
牛乳、成分調整牛乳ともに、無脂乳固形分は8.0%以上含有しなければならない。
   2 .
乳清たんぱく質は、酸によって凝固沈殿する。
   3 .
低脂肪牛乳の乳脂肪分は、0.5%未満である。
   4 .
牛乳の脂質量は、年間を通じ、飼料や季節に関わらずほぼ一定である。
( 調理師試験 平成27年度 食品学 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
47
評価しない
正解は1です。

誤り部分の正解を記載します。

②牛乳に含まれるたんぱく質「カゼイン」は、酸によって凝固沈殿する。
※酸によって凝固したたんぱく質はカードと呼ばれチーズの元です。
※清乳たんぱく質は水溶性たんぱく質でホエーと呼ばれ凝固しません。

③低脂肪乳の乳脂肪分は、0.5%以上1.5%以下である。

④牛乳の脂質量は、季節・飼料によって変化する。
※夏は飼料をあまり食べず水の摂取量が増えるので脂質も低下します。逆に冬は水分摂取量も減り飼料も干し草など保存しておいた物になるため、脂肪量が増えます。
ただし流通している牛乳は脂肪分などを均等に調整している傾向が強いので、違いを実感する機会は少ないです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
牛乳に関する記述については以下の通りです。

1.牛乳・成分調整牛乳ともに、無脂乳固形分は8.0%以上含有しなければならない。(〇)
  無脂乳固形分とは、牛乳から水と乳脂肪分を除いたもので、たんぱく質、糖質、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」で、種類別牛乳では無脂乳固形分は8.0%以上と規定されています。

2.乳清たんぱく質(× カゼイン)は、酸によって凝固沈殿する。 
  牛乳に含まれるたんぱく質は、主にカゼインと乳清たんぱく質(ホエイ)です。カゼインは酸によって凝固しこの性質を利用してチーズなどが作られます。ホエイは80℃前後で熱変性がおきます。 

3.低脂肪牛乳の乳脂肪分は、0.5%未満(× 0.5~1.5%)である。
  乳脂肪分3%以上が牛乳
  0.5~1.5%が低脂肪乳
  0.5%未満が無脂肪乳  です。

4.牛乳の脂質量は、年間を通じ、飼料や季節に関わらず(× によって)ほぼ一定である(× かわる)。
  牛乳の脂質量は夏に低く、冬に高くなります。また飼料やその他さまざまな条件によってもかわります。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は1です。

2.乳清タンパク質は、牛乳にキモシンを作用させるか、酸を加えてカードを除去したあとに得られる透明な液体(ホエー)のことで、それ自体は凝固しません。
 酸で凝固沈殿するタンパク質はカゼインです。

3.低脂肪牛乳の乳脂肪分は、0.5以上1.5以下です。
 0.5未満は無脂肪牛乳です。

4.牛乳の成分は、品種・搾乳間隔・飼料・季節・病気など、さまざまな要因によって変動します。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は「1」です。

2…酸によって凝固沈殿するのは乳タンパク質(牛乳の8割を占める)の「カゼイン」です。

3…低脂肪牛乳の乳脂肪分は、0.5%以上1.5%以下です。
  乳脂肪分が0.5%未満は、無脂肪牛乳です。

4…牛乳の成分は、気候や温度の変化により変わります。
  夏は食欲が低下する為脂肪分が少なくなり、サッパリとした飲みやすい牛乳になります。
  逆に冬はよく餌を食べる為脂肪分が多くなり、コクのある牛乳になります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。