過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第19328問」を出題

問題

[ 設定等 ]
調理用語とその説明の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
《調理用語》煮切り ---- 《説明》汁がほとんどなくなるまで煮詰めること
   2 .
《調理用語》立て塩 ---- 《説明》材料に焦げ目をつけること
   3 .
《調理用語》皮霜 ------ 《説明》魚の皮面に熱湯をかけてから冷水をかけること
   4 .
《調理用語》あらい ---- 《説明》魚介類に塩をまぶしつけること
( 調理師試験 平成27年度 調理理論 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
45
評価しない
正解は3です。

誤り部分の正解を記載します。

①煮切りーみりんや酒などを含む液体を煮てアルコールを飛ばすこと

②立て塩ー塩分濃度が3%程度の塩水のこと

・ふり塩をすると塩をふりすぎてしまったり、ムラが出来たりしてしまう事があるので、立て塩につけて全体にムラなく塩が回るようにします。

④あらいー薄いそぎ切りや糸作り、はね作りにした刺身を冷水に潜らせて身を引き締めて食べさせること

・白身魚の刺身を用い、適度に脂分が抜け、夏向きのさっぱりした刺身です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
調理用語に関する記述については以下の通りです。

1.煮切り 汁がほとんどなくなるまで煮詰めること(× 酒やみりんを煮立ててアルコールを飛ばすこと)
  汁がほとんどなくなるまで煮ることを「煮詰める」といいます。

2.たて塩 材料に焦げ目をつけること(× 海水程度の濃度の塩水)
  焦げ目をつけることは、焦げ目の程度が軽ければ「焼き色をつける」とも言います。

3.皮霜 魚の皮面に熱湯をかけてから冷水をかけること 〇
  皮の美しさをひきたたせ、皮のくさみを消して柔らかくします。

4.あらい 魚介類に塩をまぶしつけること(× 刺身を冷水や氷で洗い縮ませたもの)
  薄くそぎ切りにした魚を氷水の中でさっと振り洗いして、身をひきしめる。こりこりした独特の歯ごたえを出します。
  魚に塩をまぶしつけるのは下ごしらえやふり塩と呼ばれ、塩の脱水作用を利用して身を締め、臭みのある水分を出すのが目的です。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は3です。

1.煮切りとは、調味料として加える酒やみりんを煮立て、アルコール分をとばすこと。

2.立て塩とは、海水と同じくらいの濃度(3%)の塩水を使用し、魚貝類の下洗いや、塩味をむらなくやわらかくつけること。

4.刺身の手法のひとつ。そぎ切り等した身を冷水の中に入れて切り身を立たせる調理法。余分な脂分や臭みが抜け落ちます。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は「3」です。

1…煮切りとは、酒やみりんを加熱する事により、アルコール分をとばしてうま味を出す方法です。

2…立て塩とは、海水と同程度の濃度(約3%)に、魚貝類をつける方法です。臭みをとったり、まんべんなく塩味をつける事が出来ます。

4…あらいとは、そぎ切りにした魚介類を氷水につけてしめたものです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。