過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第19330問」を出題

問題

[ 設定等 ]
料理とその調理温度及び調理時間の組み合わせとして、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
《料理》さばの素揚げ ------ 《調理温度》60℃ ----- 《調理時間》60〜90分
   2 .
《料理》温泉卵 ------------ 《調理温度》70℃ ----- 《調理時間》30分
   3 .
《料理》カツレツ(100g) -- 《調理温度》250℃ ---- 《調理時間》10分
   4 .
《料理》グラタン ---------- 《調理温度》350℃ ---- 《調理時間》25分
( 調理師試験 平成27年度 調理理論 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
41
評価しない
料理とその調理温度および調理時間に関する記述については以下の通りです。

1.さばの素揚げ - 60℃(× 170℃) - 60分(× 3分前後)
  魚の素揚げは中温の短時間で行います。

2.温泉卵 - 70℃ - 30分 〇
  卵黄の凝固する70℃より高く、卵白の凝固する80℃より低い温度で30分ほど浸けておくとできあがります。

3.カツレツ(100g) - 250℃(× 170℃) - 10分(× 5分)
  厚さや大きさによりますが、泡が小さくなり浮いてきたら揚げあがりとなります。
  

4.グラタン - 350℃(× 250℃) - 25分(× 10分)
  グラタンは火が通ったものに焼き色を付ける目的で、200~250℃で10分程度焼きます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は2です。

誤り部分の正解を記載します。

①さばの素揚げー≪温度≫180℃ー≪時間≫2~3分

③カツレツ(100g)-≪温度≫175~180℃ー≪時間≫4~6分

④グラタンー≪温度≫250℃ー≪時間≫7~8分

調理時間は素材の分量や厚さ、大きさによって若干変化します。目安時間と考えてください。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は「2」です。

温泉卵は、卵黄と卵白の凝固温度の違いを利用して作られます。(卵黄は約70℃、卵白は約80℃)

1・3…揚げ物は大体170~180℃前後の油で揚げられるので、その数値からかけ離れた温度は全て誤りと判断して良いでしょう。

4…グラタンは、250℃で約10分程度加熱します。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は2です。

1.鯖の素揚げー170~180℃ー3分

3.カツレツー170~180℃ー5,6分

4.グラタンー250℃ー7,8分
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。