過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第19334問」を出題

問題

[ 設定等 ]
寄せ物調理に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
くず寄せの代表的なものは、ところてんである。
   2 .
水ようかんの寒天濃度は、0.8〜1.0%である。
   3 .
ゼラチンは、沸騰している湯に直接入れて溶かす。
   4 .
果汁ゼリーは、寒天溶液が熱いうちに果汁を加える。
( 調理師試験 平成27年度 調理理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
47
評価しない
正解は②です。

①ところてんは天草で作られるので、くず寄せではありません。
日本料理ではくず寄せの他、寒天や天草、片栗粉、ゼラチンなどを使用した料理を「寄せもの」「流しもの」と言います。

③ゼラチンは沸騰した湯に入れると、たんぱく質が変性を起こして固まりにくくなります。50℃~60℃で溶かし、湯銭や火から下ろします。

④寒天は酸が加わると固まりにくくなります。そのため寒天溶液の粗熱をとってから(50℃~60℃)で加えると良いです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
寄せ物調理に関する記述については以下の通りです。

1.くず寄せの代表的なものは、ところてん(× 葛豆腐)である。
  くず寄せは葛粉を流し固めた寄せ物です。ところてんは天草などを煮溶かし固めたものです。

2.水ようかんの寒天濃度は、0.8~1.0%である。 〇

3.ゼラチンは、沸騰した湯に直接入れて(× 弱火か湯煎で)溶かす。
  ゼラチンは60℃位でよく溶けますが、高温には弱いので、弱火か湯煎で溶かし、溶けたら火からおろします。

4.果汁ゼリーは、寒天溶液が熱いうち(× 粗熱をとってから)に果汁を加える。
  果汁の有機酸は熱い寒天液に加えると寒天のゲル化を阻害しやすいため、粗熱をとってから加えます。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
2.正解です。「寒天は1%前後で固まる」性質があることを覚えておきましょう。
ちなみに2%を超えると溶けにくくなります。

1.×
ところてん…寒天を煮溶かして固めたもの。
くず寄せ…くず粉や片栗粉などを煮溶かして、食材と一緒に固めたもの。
代表的な物には「ごま豆腐」があります。

※調理用語の「寄せる」には「固める」という意味があります。

3.× ゼラチンは、50~60℃以上の湯に溶かしてはいけません。
たんぱく質は高温で変性する性質があり、ゼラチンにはたんぱく質が多く含まれているためです。

4.× 寒天で果汁ゼリーを作る時は「寒天液の粗熱をとってから」果汁を加えます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。