過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第25489問」を出題

問題

[ 設定等 ]
食物繊維の働きについて、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
排便促進
   2 .
血中コレステロール値の正常化
   3 .
食後の血糖値上昇促進
   4 .
糖尿病予防
( 調理師試験 平成28年度 栄養学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない
(3)正解です。「上昇」ではなく「抑制」です。

<食物繊維のはたらき>
・排便を促進する
・ 血中のコレステロール値を抑制する
・食後の血糖値が急激に上昇するのを抑え、糖尿病を防ぐ

(1)(2)(4)は「誤っていない」ので、(3)を選択するのが正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
誤ったものを選ぶ設問です。

選択すべき正解は(3)です。

食物繊維は血糖値を「上昇促進」ではなく「抑制」します。


食物繊維の主な働きとしては、
・糖質の吸収をおだやかにする→血糖値の急上昇を抑えて糖尿病を防ぐ

・整腸作用による排便の促進

・コレステロールの正常化

・食べ過ぎ防止

などがあげられます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
(1)記述の通り。

(2)記述の通り。

(3)誤り。食後の血糖値上昇促進ではなく「抑制」です。

(4)記述の通り。

食物繊維は水に溶けるとゲル状になる「水溶性食物繊維」と
水に溶けにくい「不溶性食物繊維」があり、主な働きとして

水溶性食物繊維は、食後の血糖値上昇の抑制、コレステロールの吸収を抑制する、などがあります。

不溶性食物繊維は、大腸の蠕動運動(伝播性の収縮波を生み出す運動)を促し、腸の働きを活発にしてくれます。
さらに、水分を吸収し、便を嵩増しして排便を促し、有害物質を排出しやすくします。

どちらも整腸作用がある、とても大切なものといえます。

問題は、「誤っているものを一つ選びなさい」とあるので、
(3)が正解です。


評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。