過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第25511問」を出題

問題

[ 設定等 ]
食品や器具の消毒に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
アルコール殺菌は、対象物の表面が濡れていると殺菌効果は弱まる。
   2 .
殺菌灯殺菌に用いられる紫外線は、100nm前後の波長である。
   3 .
次亜塩素酸ナトリウム希釈液は、希釈後の時間が経過しても効果は落ちない。
   4 .
オゾン水を使用する殺菌は、使用後は食品を水で充分洗い流す必要がある。
( 調理師試験 平成28年度 食品衛生学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
26
評価しない
(1)正解です。
濡れていると、水分でアルコール濃度が薄くなって効果が弱まってしまいます。


(2)× 波長1000nmレベルの光線は、紫外線よりも波長の長い「赤外線」なので、間違いです。
紫外線の殺菌効果は、波長が253.7nmの時に最も高くなります。
これは、地上に届かない強力な紫外線「UV-C」と同じレベルです。

(3)× 次亜塩素酸ナトリウム希釈液は時間が経過すると効果がなくなります。

(4)× オゾンが残留しないのですすぐ必要はありません。オゾンそのものは高濃度の場合に有害です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
(1)○ 正解です。

消毒用アルコールは、あらかじめ殺菌に適切な状態になるように希釈されています。

効果的な消毒のためにも、アルコール消毒は対象物が乾いた状態で行いましょう。

(2)× 殺菌灯とは、殺菌力を持つ紫外線を照射する光源です。

紫外線の殺菌力は、253.7 nm付近が最も高くなります。100nmでは波長が短すぎです。
 
(3)× 次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、時間経過とともに効果が弱まっていきます。

(4)× オゾン水には強力な殺菌力がありますが、すすぐ必要はありません。

オゾン水は食品添加物として、国からも認められている安全なものです。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1が正解です。

1.アルコール殺菌は、対象物の表面が濡れていると殺菌効果は弱まる為正解です。

2.100nm前後ではなく
強い殺菌効果をもち、人工的に発生しやすい紫外放射が253.7nmの波長である為誤りです。

3.時間が経過すると効果は落ちる為誤りです。

4.洗い流す必要はない為誤りです。
強い除菌効果はありますが、酸素に分解されるので食品に一切残留することはありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。