過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第25513問」を出題

問題

[ 設定等 ]
食べ物の味に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
おいしさには、食感(テクスチャー)や温度は影響しない。
   2 .
物理的要因は、甘味、酸味、塩味などである。
   3 .
空腹感、健康状態、食体験は影響しない。
   4 .
味は、舌の味蕾(みらい)を介して感じる。
( 調理師試験 平成28年度 調理理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
29
評価しない
(4)正解です。
舌にある味蕾(みらい)は、味覚を感知する器官です。

(1)× おいしさには、味覚や香りに加え、柔らかさや硬さなどの食感(テクスチャー)も影響します。
(2)× 甘味、塩味などの味覚は「化学的要因」です。
「物理的要因」とは、テクスチャー、見た目、温度、音などのことです。
(3)× 逆です。食べ物の味は空腹感、健康状態、食体験が大きく作用します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
(1)× 食感(テクスチャー)はおいしさの物理的要因の一つ。
適切な歯ごたえ、舌触り、喉越しなど、おいしいと感じるためには欠かせない要素です。

(2)× 甘味や酸味などを感じる「味覚」はおいしさの化学的要因です。

(3)× 空腹感、健康状態、食体験は味に大きな影響を及ぼします。

(4)○ 正解です。味は味蕾という舌にある器官を介して感じられます。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
4が正解です。

1.食感(テクスチャー)や温度は影響する為誤りです。
科学的要因以外にも、物理的要因として、かたさ、やわらかさ、粒度感、滑らかさ、のどごし等の食感や、口から食道で感じる温度は影響します。

2.物理的要因ではなく化学的要因の為誤りです。
直接鼻で感じる香り、口に含んで感じる香り等の芳香も化学的要因に含まれます。

3.影響する為誤りです。
健康状態、空腹の度合い、食体験は、生理的要因、心理的要因、環境的要因として味覚に影響があります。

4. 味は、舌の味蕾(みらい)を介して感じる為正解です。
舌の表面には、味を感知する味蕾という器官が7千~1万個あり、1つの味蕾で、甘味、塩味、酸味、苦味、旨味を感じ、感知した味は神経を介して脳に伝えられます。


評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。