過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第25515問」を出題

問題

[ 設定等 ]
大量調理に関する記述について、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
煮物は、煮くずれしやすい。
   2 .
炒め物は、材料を数回に分けて入れるより一度に入れると仕上がりがよい。
   3 .
和え物は、味の均質化に配慮するため、材料が熱いうちに調味する。
   4 .
水分蒸発量は、少量調理に比べて多い。
( 調理師試験 平成28年度 調理理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
32
評価しない
(1)正解です。
攪拌するのでどうしても煮崩れしやすい点が、煮物を大量調理する時の課題です。


(2)× 炒め物は、火の通りにくいものから加えていきます。
種類の違う材料を一度に入れると、火の通りやすいものと火のとおりにくいものの加熱ムラが生じ、水分が出たり部分的に硬く仕上がったりしてしまいます。

(3)× 野菜は加熱後すみやかに冷却しなければなりません。
その後、脱水してから調味して和えます。

(4)× 大量調理のほうが、加熱による蒸発率は低いです。
大量調理は、少量調理に比べ、温度の変化がゆるやか、加熱後の余熱が大きい、といった特徴があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
(1)○ 正解です。大量調理の場合、食材による重みや撹拌による煮崩れが起きやすくなります。

(2)× 炒め物は均一な柔らかさに仕上げるために、一気に炒めず堅いものから順に加えていきます。

(3)× 熱い食材はすみやかに冷却し、水気を取ってから調味して和えます。

熱いうちに調味すると余計な水分が出て味が薄くぼける上、衛生面でも望ましくありません。

(4)× 大量調理には、加熱による蒸発率が低いという特徴があります。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1が正解です。

1.煮物は、煮崩れしやすいため正解です。
材料が撹拌され削られることで、煮崩れしやすくなります。

2.1度に入れるより、数回に分けて入れると仕上がりがよい為誤りです。
火が通り易い食材と、火が通りにくい食材を1度に調理をすると火の通りが均一ではなくなるからです。

3.材料が冷めてから調味する為誤りです。
食材を冷まし、水分を抜いてから調味することで、余計な水分で調味が薄まるのを防ぐからです。

4. 水分蒸発量は、少量調理に比べて少ない為誤りです。
少量調理は、熱が全体に伝わりやすいため、水分が蒸発しやすくなります。 大量調理になると、熱が全体に伝わりにくい為、 低温で調理する事が必要になり、水分の蒸発も少なくなります。


評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。