過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第25527問」を出題

問題

[ 設定等 ]
豆類の調理に関する記述について、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
大豆は、小豆より初期の吸水量が低い。
   2 .
黒豆を色よく煮揚げるために、鉄くぎを入れるか鉄鍋で煮るとよい。
   3 .
渋切りとは、小豆を加熱沸騰後、いったんざるにあげゆでこぼした後再び加熱することである。
   4 .
びっくり水とは、大豆を沸騰後、液の半量の冷水を加えて急激に水の温度を下げることである。
( 調理師試験 平成28年度 調理理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
26
評価しない
正解  1 . 大豆は、小豆より初期の吸水量が低い。

小豆より大豆のほうが初期の給水量が高く、
設問は記述が誤っているので、1 を選択するのが正解です。

豆を煮る時には水に漬け中まで吸水させることで、均等に柔らかく煮えるようになります。
しかし、小豆は豆の中でも皮が硬いため、初期はあまり吸水が進みません。
大豆を含むほかの豆は6時間で十分に吸水しますが、小豆に吸水させる場合は、18位間以上の浸漬が必要です。

(2)記述は正しいので選択しません。
黒豆に含まれる色素「アントシアニン」と鉄イオンが結合し、アントシアニンがとどまって色抜けを防ぐことで、黒い煮豆に仕上がります。

(3)記述は正しいので選択しません。
小豆から多く出るアクは渋味のもとになるので、
沸騰後にゆでこぼしてアクを取り除き、新しい水を入れて煮ていきます。
これを「渋切り」といいます。

(4)記述は正しいので選択しません。
沸騰しているところに水を入れ50℃くらいまで水温を大きく下げることで、豆の表面と内部の温度差が縮まり、ムラなく煮上がります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
誤ったものを選択する設問です。


(1)大豆は小豆よりも吸水量が多いです。
記述内容が間違っているので、(1)が正解です。

茹でた時に熱が伝わりやすく、均等に煮えるようにするために、乾燥した豆は水に浸けて吸水させます。
この作業を「戻す」と言います。

基本的に大豆などの豆は4〜6時間ほどで吸水が完了しますが、小豆は特に皮が固いため、吸水には18〜24時間ほどかかります。

(2)黒豆を色よく煮上げるには鉄釘や鉄鍋を使用します。

黒豆の色素と鉄イオンが結合することで、黒豆の色抜けを防ぎ、色鮮やかに仕上げることができます。


(3)小豆にはタンニンやサポニンという渋味物質(アク)が含まれています。

小豆を水から茹で、沸騰したら茹で汁を捨てるというのを数回繰り返すことで、渋味やアクを取り除くことができます。

これを「渋切り」といいます。


(4)びっくり水とは差水(さしみず)ともいい、沸騰しているところに水を差し、一度温度を下げることで、吹きこぼれを防ぐことができます。

また一度温度を下げることによって、表面を引き締め、均一に熱を通す効果があります。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
1が誤りの為正解です。

・小豆は、大豆より初期の吸水量が低い為誤りです。大豆の初期吸水率は4時間程度から始まりますが、小豆は皮が固いので4時間経過しても、まだ給水が始まっていません。

  大豆の戻し時間は8時間程度必要です。
  小豆の戻し時間は18時間以上必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。