過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第25530問」を出題

問題

[ 設定等 ]
日本料理の特徴に関する記述について、誤っているものを一つ選びなさい。
   1 .
素材の持ち味を生かして薄味で調味する。
   2 .
五感すべてで味わう料理である。
   3 .
切る、煮るといった基本的な調理操作によって素材の持ち味を引き出す。
   4 .
食器の美はそれ自体にあるのであって、料理を引き立てるという意識は低い。
( 調理師試験 平成28年度 食文化概論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
記述が間違っているのは、

4 . 食器の美はそれ自体にあるのであって、料理を引き立てるという意識は低い。

となります。よって4を選択するのが正解です。

 日本料理の繊細な盛り付けを引き立てるため、料理に合わせて美しい食器を選ぶことは、もちろん欠かせません。

(1)記述は正しいので選択しません。
 日本料理は素材の味を生かして薄味で調理するのが特徴です。

(2)記述は正しいので選択しません。
 香り、食感、見た目など、五感(味覚・視覚・嗅覚・聴覚・触覚)を使って楽しむものです。

(3)記述は正しいので選択しません。
 五法(切る、煮る、焼く、揚げる、蒸す)によって、素材の持ち味を生かします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
4が正解です。

・器自体の美しさも、器に合った料理を盛ることで引き立たせる為誤りです。

・日本料理
五法・五味・五色・五適・五覚と言われています。

五法
「生食」(切る)、「煮る」、「焼く」、「蒸す」、「揚げる」の5つの調理法です。

五味とは?
「酸味」、「苦味」、「甘味」、「辛味」、「塩味」という5つの味になります。

五色
白、黒、黄、赤、青(緑)の5色のことです。黒塗りのお盆や朱塗りのお椀、料理に添えられる葉や花なども含まれます。

五適
適温・適材・適量・適技・適心と言われています。
「適温」温かいものは温かく、冷たいものは冷たくという事です。
「適材」年齢や性別に合った素材を使いことです。
「適量」適当な量であることです。
「適技」適度に手を加えることです。
「適心」おもてなしの心のことです。

五覚
「五感」のことで視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚です。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
記述が誤っているものを選びます。

日本料理には、

・薄い味付け

・見た目、香り、食感、喉越しなど、五感をすべて使って楽しむ

・切る、煮る、焼く、揚げる、蒸すの五法を用いて調理する

などの特徴があります。


選択肢の中で誤っているのは、
(4)食器の美はそれ自体にあるのであって、料理を引き立てるという意識は低い。

です。

日本料理の美しい盛り付けをより引き立たせるためには、食器選びも大変重要なポイントになります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。