過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第31521問」を出題

問題

職場における熱中症の予防対策に関する記述について、誤っているものを一つ選びなさい。
 1 . 
高温多湿作業場所の近隣に、冷房を備えた休憩場所又は日陰等の涼しい休憩場所を設ける。
 2 . 
作業の休止時間や休憩時間を確保し、高温多湿作業場所の作業を連続して行う時間を短縮する。
 3 . 
高温多湿作業場所の労働者を作業に従事させる場合には、熱への順化期間を設けることが望ましい。
 4 . 
自覚症状が出たら、水分及び塩分の摂取を行う。
( 調理師試験 平成29年度 公衆衛生学 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
13
評価しない
4 . 自覚症状が出たら、水分及び塩分の摂取を行う。
を選択するのが正解です。

「自覚症状が出たら」が誤りです。
熱中症を予防するためには、のどが渇いていなくても、こまめに水分・塩分を摂取することが大切です。
よって(4)は誤っています。

(1) 高温多湿作業場所で作業する場合は、涼しい休憩所を確保する必要があります。
なるべく冷房を備えた休憩所を設置することがのぞましいです。

(2)定期的に休憩を取り、高温多湿作業場所で連続して作業をすることがないようにする必要があります。

(3) 急に高温多湿な環境で長時間作業すると熱中症になりやすいので、1週間くらいかけて短時間ずつ徐々に作業時間をのばし、体を暑さに慣れさせていくことが勧められています。
評価後のアイコン
2018/03/30 21:44
ID : bbxjyqrbfx
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
誤っているものを選択する設問です。

(1)(2)(3)は、記述に誤りはありません。

(4)の自覚症状が出たら、の部分が誤りです。

熱中症にならないためには、自覚症状が出る前にこまめに水分、塩分を摂ることが大切です。

よって、選ぶべき選択肢は(4)になります。
評価後のアイコン
2018/05/27 21:51
ID : ftmsqytwrg
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。