過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第31532問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




鉄に関する記述について、誤っているものを一つ選びなさい。
 1 . 
ヘム鉄は、植物性食品に含まれる鉄である。
 2 . 
体内に存在する鉄の多くは、ヘモグロビン中に存在する。
 3 . 
消化管における鉄の吸収率は、ビタミンCによって高くなる。
 4 . 
鉄の摂取不足は、貧血の原因となる。
( 調理師試験 平成29年度 栄養学 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
1.ヘム鉄は、植物性食品に含まれる鉄である。
を選択するのが正解です。

鉄には吸収されやすい「ヘム鉄」と吸収されにくい「非ヘム鉄」があり、貧血を効率よく予防・改善するには、ヘム鉄を摂取することが勧められます。
ヘム鉄は、動物性食品に含まれ、非ヘム鉄は植物性食品に含まれています。つまり「ヘム鉄は、植物性食品に含まれる鉄である。」は誤りです。

(2)× 体内に存在する鉄の7割が血液中のヘモグロビンに存在しており、設問の文章は正しいです。

(3)× 鉄はビタミンCと一緒に摂取することで腸からの吸収率が高まるので、設問の文章は正しいです。

(4)× 鉄は赤血球を構成するヘモグロビンの材料です。
鉄が不足すると、酸素を運搬するヘモグロビンが不足し、酸欠による倦怠感や動悸などが起こりやすくなります。これを「鉄欠乏性貧血」といいます。設問の文章のとおりです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
誤っているものを選択する設問です。

(1)ヘム鉄…吸収されやすい。動物性食品に含まれる。

非ヘム鉄…吸収されにくい。植物性食品に含まれる。

という特徴があります。

説明文が誤っているため、(1)を選ぶのが正解です。

(2)記述は正しいです。

体内の鉄のおよそ75%は血中のヘモグロビン酸に存在しています。残り25%は肝臓などに貯蔵されています。


(3)記述は正しいです。

鉄はビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まります。

(4)記述は正しいです。

体内の鉄の多くは血液中のヘモグロビン酸中に存在しています。

鉄の不足はヘモグロビン酸不足(=酸素不足)を起こすため、貧血の原因となります。


評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は1.ヘム鉄は、植物性食品に含まれる鉄である、です。

ヘム鉄は動物性食品に、非へム鉄は植物性食品に含まれているので、間違えた答えを選ぶこの問題ではこちらが正解になります。


2 . 体内に存在する鉄の多くは、ヘモグロビン中に存在します。タンパク質と結合して、体内に酸素を運搬する役割があります。

3 . 消化管における鉄の吸収率は、ビタミンCによって高くなります。鉄はビタミンcやタンパク質と一緒に摂取すると吸収がよくなります。

4 . 鉄の摂取不足は、貧血の原因となります。また乳児では発育不良になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この調理師 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。