過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調理師の過去問「第54164問」を出題

問題

[ 設定等 ]
耐熱温度が最も高い容器包装に用いられるプラスチックとして、正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
ポリエチレン
   2 .
塩化ビニル
   3 .
ポリスチレン
   4 .
ポリエチレンテレフタレート
( 調理師試験 令和2年度12月実施分 食品衛生学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正解は4です。

耐熱温度が最も高い容器包装に用いられるプラスチックとして正しいものは4の「ポリエチレンテレフタレート」です。耐熱温度は形態によっても異なりますが、延伸フィルムで200℃程度、無延伸シートで60℃、耐熱ボトルで85℃になります。

その他の回答選択肢は以下の通りです。

回答1:ポリエチレンの耐熱温度は80℃から100℃ですが、加熱は避ける必要があり誤りです。

回答2:塩化ビニルの耐熱温度は60℃から80℃と低めなので誤りです。

回答3:ポリスチレンの耐熱温度は70℃から90℃と低めなので誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない

正解は4です。

1:ポリエチレンの耐熱温度は70~100℃です。

ラップフィルム、ザル、容器等に使われます。

2:塩化ビニルの耐熱温度は60~70℃です。

ラップフィルム、卵パックに使われます。

3:ポリスチレンの耐熱温度は70~90℃です。

卵パック、ストロー、まな板、乳酸菌飲料用ビンに使われます。

4:ポリエチレンテレフタレートの耐熱温度は約200℃です。

各種清涼飲料水用びん、レトルト食品などに使われます。

⇒よって正解です。

評価後のアイコン
評価する
9
評価しない

正解は4です。

プラスチックの中でも、ポリエチレンテレフタレートに関する問題の出る傾向があります。ポリエチレンテレフタレートの特徴さえ覚えておけば、ほかの3つが分からなくても迷わないと思います。

ポリエチレンテレフタレートは「PET」とも呼ばれ、ペットボトル、卵パック、惣菜などの包装容器、フリース(衣料)などに広く用いられているプラスチックです。

PETは熱可塑性ポリエステルで、耐熱温度は200℃以上、耐寒性は-60℃と耐熱性、耐寒性に優れます。透明性があり、フィルム、飲料ボトルなどにも使われます。

その他の回答選択肢は以下の通りです。

1 .誤りです。ポリエチレン(PE)の耐熱温度は70~90℃です。

2 .誤りです。塩化ビニル(PVC)の耐熱温度は60~80℃です。

3 .誤りです。ポリスチレン(PS)の耐熱温度は70~90℃です。

4 .正解です。ポリエチレンテレフタレート(PET)の耐熱温度は200℃以上です。他の3つは耐熱温度が低く、PETは耐熱温度が高いです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調理師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。