過去問.com

トップ  >  精神保健福祉士国家試験 過去問  >  過去問題 一覧  >  精神保健福祉士 精神障害者の生活支援システム 過去問

精神保健福祉士 過去問 問1
精神保健福祉士 過去問 問2
精神保健福祉士 過去問 問3
精神保健福祉士 過去問 問4
精神保健福祉士 過去問 問5
精神保健福祉士 過去問 問6
精神保健福祉士 過去問 問7
次の事例を読んで、問題 78から問題 80までについて答えなさい。
〔事 例〕
人口5万人のR市の障害福祉課に勤務するN精神保健福祉士は、民生委員から、Aさん(35歳、男性)の訪問に同行してもらえないかとの依頼を受けた。理由を尋ねると近くのアパートの家主から、「設備点検でAさんの部屋を訪ねたところ、真っ暗な部屋にいたので心配になった」と相談された。すぐにAさんを訪問して困りごとを尋ねたが、「眠れない」と言った後は沈黙が続いた。最後にN精神保健福祉士のことを話すと「会ってもいい」と言っていたとのことであった。
翌日、民生委員と同行訪問したところ、Aさんは次のように話した。「家族はもういない。19歳のときに統合失調症の診断を受けて以来、片道約2時間のY病院に通院している。障害年金と親が残した預金でやりくりしてきたが、残額が3万円になり、電気代の支払いも滞っている。とても不安だ。交通費がかかるので、次の受診をどうしようか迷っている」。
このことがきっかけとなって、Aさんは時々、N精神保健福祉士に電話をかけてくるようになった。数か月後、Aさんから「近所が騒がしくて困る」と電話があり訪問したところ、大変な暑さの中、耳を覆う形のヘッドフォンを装着していた。しかし、音楽プレーヤー等には接続しておらず、それを問うと「他の部屋がうるさいんですよ。でも言いに行くとけんかになるからね。これするとましなんです」とヘッドフォンを指した。じっくりとAさんの話を聞くと、1週間ほど、ほとんど睡眠がとれておらず、「前に一度入院したことがあるY病院に入院したい」と言った。そして部屋は静かであるのに、「ほら、あれです。やかましいでしよ」と何度も言った。

次の記述のうち、Aさんが入院することになった場合、その入院に関する説明として、正しいものを1つ選びなさい。
精神保健福祉士 過去問 問8
次の事例を読んで、問題 78から問題 80までについて答えなさい。
〔事 例〕
人口5万人のR市の障害福祉課に勤務するN精神保健福祉士は、民生委員から、Aさん(35歳、男性)の訪問に同行してもらえないかとの依頼を受けた。理由を尋ねると近くのアパートの家主から、「設備点検でAさんの部屋を訪ねたところ、真っ暗な部屋にいたので心配になった」と相談された。すぐにAさんを訪問して困りごとを尋ねたが、「眠れない」と言った後は沈黙が続いた。最後にN精神保健福祉士のことを話すと「会ってもいい」と言っていたとのことであった。
翌日、民生委員と同行訪問したところ、Aさんは次のように話した。「家族はもういない。19歳のときに統合失調症の診断を受けて以来、片道約2時間のY病院に通院している。障害年金と親が残した預金でやりくりしてきたが、残額が3万円になり、電気代の支払いも滞っている。とても不安だ。交通費がかかるので、次の受診をどうしようか迷っている」。
このことがきっかけとなって、Aさんは時々、N精神保健福祉士に電話をかけてくるようになった。数か月後、Aさんから「近所が騒がしくて困る」と電話があり訪問したところ、大変な暑さの中、耳を覆う形のヘッドフォンを装着していた。しかし、音楽プレーヤー等には接続しておらず、それを問うと「他の部屋がうるさいんですよ。でも言いに行くとけんかになるからね。これするとましなんです」とヘッドフォンを指した。じっくりとAさんの話を聞くと、1週間ほど、ほとんど睡眠がとれておらず、「前に一度入院したことがあるY病院に入院したい」と言った。そして部屋は静かであるのに、「ほら、あれです。やかましいでしよ」と何度も言った。
今から受診が可能かY病院に電話をしようとN精神保健福祉士がAさんの部屋を出ると、隣室に住んでいる女性に呼び止められてこう言われた。「そこの人、大丈夫なんですか。いつもコードを垂らしたヘッドフォンつけて、ブツプツ言われてますよ」。N精神保健福祉士は、Aさんの病気のことやご近所に配慮を相当していることを、女性にこの場で話をして理解を得たいと考えたが、それは思いとどまった。

次のうち、N精神保健福祉士が思いとどまった法的根拠として、正しいものを1つ選びなさい。
精神保健福祉士 過去問 問9
精神保健福祉士 過去問 問10
精神保健福祉士 過去問 問11
精神保健福祉士 過去問 問12
精神保健福祉士 過去問 問13
精神保健福祉士 過去問 問14
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事 例〕
Dさん(28歳、男性)は、元来穏やかな性格の持ち主で、大学を卒業後、5年間地元のデパートに勤め、働くことが生きがいと感じていた。ところが、交通事故で頭を強打し、総合病院の脳外科に入院した。数日で意識は回復したが、以後根気が続かず、また急に怒り出すなど人が変わったようになり、高次脳機能障害と診断された。退院し復職したが、約束を忘れたり、客とけんかになったり、また勤務中に失禁することがあり、2か月後に退職した。
しばらくしてDさんは、入院中から相談を継続していたE精神保健福祉士に、「社会保険がついたところで働きたい」と希望した。E精神保健福祉士は、Uワークを紹介し、Dさんはそこで働き始めた。
Dさんは、働き始めた当初、他の利用者とトラブルになったこともあったが、慣れてくると、徐々に周囲から信頼を得られるようになった。ちなみに、Uワークでは、一般就労へ多くの人たちが移行していた。そのような中、UワークのF精神保健福祉士は、取引先のVスーパーマーケット(以下「Vスーパー」という。)へ、意識的にDさんと共に、商品を持参する機会を増やした。Vスーパーには、80名の従業員が雇用されている。F精神保健福祉士はハローワークの担当者と共に、Vスーパーの社長に、障害者雇用を打診した。社長はF精神保健福祉士に対して、Dさんをはじめ、7、8名の障害者を雇用したいと意欲的に語った。そこで、F精神保健福祉士はVスーパーの経済的負担の軽減を図ることができる給付金を紹介した。
その後、DさんはVスーパーの面接を受け、採用が決まったものの、不安感を抱いていた。それはDさんが、デパートに復職したころの客とのけんか等がトラウマになっていたからである。そこで、F精神保健福祉士は、就職後のフォローアップをすることにした。

次のうち、Uワークの事業として、適切なものを1つ選びなさい。
精神保健福祉士 過去問 問15
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事 例〕
Dさん(28歳、男性)は、元来穏やかな性格の持ち主で、大学を卒業後、5年間地元のデパートに勤め、働くことが生きがいと感じていた。ところが、交通事故で頭を強打し、総合病院の脳外科に入院した。数日で意識は回復したが、以後根気が続かず、また急に怒り出すなど人が変わったようになり、高次脳機能障害と診断された。退院し復職したが、約束を忘れたり、客とけんかになったり、また勤務中に失禁することがあり、2か月後に退職した。
しばらくしてDさんは、入院中から相談を継続していたE精神保健福祉士に、「社会保険がついたところで働きたい」と希望した。E精神保健福祉士は、Uワークを紹介し、Dさんはそこで働き始めた。
Dさんは、働き始めた当初、他の利用者とトラブルになったこともあったが、慣れてくると、徐々に周囲から信頼を得られるようになった。ちなみに、Uワークでは、一般就労へ多くの人たちが移行していた。そのような中、UワークのF精神保健福祉士は、取引先のVスーパーマーケット(以下「Vスーパー」という。)へ、意識的にDさんと共に、商品を持参する機会を増やした。Vスーパーには、80名の従業員が雇用されている。F精神保健福祉士はハローワークの担当者と共に、Vスーパーの社長に、障害者雇用を打診した。社長はF精神保健福祉士に対して、Dさんをはじめ、7、8名の障害者を雇用したいと意欲的に語った。そこで、F精神保健福祉士はVスーパーの経済的負担の軽減を図ることができる給付金を紹介した。
その後、DさんはVスーパーの面接を受け、採用が決まったものの、不安感を抱いていた。それはDさんが、デパートに復職したころの客とのけんか等がトラウマになっていたからである。そこで、F精神保健福祉士は、就職後のフォローアップをすることにした。

次のうち、Vスーパーに対して、F精神保健福祉士が紹介した給付金として、適切なものを1つ選びなさい。
精神保健福祉士 過去問 問16
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事 例〕
Dさん(28歳、男性)は、元来穏やかな性格の持ち主で、大学を卒業後、5年間地元のデパートに勤め、働くことが生きがいと感じていた。ところが、交通事故で頭を強打し、総合病院の脳外科に入院した。数日で意識は回復したが、以後根気が続かず、また急に怒り出すなど人が変わったようになり、高次脳機能障害と診断された。退院し復職したが、約束を忘れたり、客とけんかになったり、また勤務中に失禁することがあり、2か月後に退職した。
しばらくしてDさんは、入院中から相談を継続していたE精神保健福祉士に、「社会保険がついたところで働きたい」と希望した。E精神保健福祉士は、Uワークを紹介し、Dさんはそこで働き始めた。
Dさんは、働き始めた当初、他の利用者とトラブルになったこともあったが、慣れてくると、徐々に周囲から信頼を得られるようになった。ちなみに、Uワークでは、一般就労へ多くの人たちが移行していた。そのような中、UワークのF精神保健福祉士は、取引先のVスーパーマーケット(以下「Vスーパー」という。)へ、意識的にDさんと共に、商品を持参する機会を増やした。Vスーパーには、80名の従業員が雇用されている。F精神保健福祉士はハローワークの担当者と共に、Vスーパーの社長に、障害者雇用を打診した。社長はF精神保健福祉士に対して、Dさんをはじめ、7、8名の障害者を雇用したいと意欲的に語った。そこで、F精神保健福祉士はVスーパーの経済的負担の軽減を図ることができる給付金を紹介した。
その後、DさんはVスーパーの面接を受け、採用が決まったものの、不安感を抱いていた。それはDさんが、デパートに復職したころの客とのけんか等がトラウマになっていたからである。そこで、F精神保健福祉士は、就職後のフォローアップをすることにした。

次の記述のうち、Dさんに対するF精神保健福祉士のかかわりとして、適切なものを1つ選びなさい。
精神保健福祉士 過去問 問17
精神保健福祉士 過去問 問18
精神保健福祉士 過去問 問19
精神保健福祉士 過去問 問20
精神保健福祉士 過去問 問21
精神保健福祉士 過去問 問22
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事 例〕
Gさん(67歳、女性)は、38歳のときに統合失調症を発症して以来、R市内にあるY精神科病院に入退院を繰り返した後、地域移行・地域定着支援事業を利用して2年前からR市内の自宅に一人で暮らしている。他に身寄りはない。退院後は、Y精神科病院のH精神保健福祉士の勧めで、若い頃に修得した華道をいかして、障害者に対して創作的活動や生産活動の機会の提供などを行うZセンターの利用者に1週間に1回、生け花を教えるなど、充実した生活を送っている。
他方、Gさんは、食事の準備や掃除、洗濯などの家事が苦手であり、さらに加齢による身体の衰えも徐々に現れ、要支援1の認定をR市より受けている。そのため、退院当初より、介護保険法のU事業所のスタッフであるJさんが作成したケアプランに基づき、ホームヘルパーのサービスを利用している。
最近になってGさんは、H精神保健福祉士に将来の不安を訴えるようになった。特に、Gさんが気掛かりなのは、両親が残してくれた自分名義のアパートと預金の管理についてである。預金口座には現在、約2千万円の残高があり、Gさんが自分で大切に管理している。生活費についても、Gさん自身の障害年金とアパート収入を活用してうまく生活している。しかし、Gさんは、「今は自分で家計のやりくりもできているが、自分ももう年だし、いつどうなるかわからない。頼れるきょうだいや親族もいない。この先、認知症になったりしたときに、自分に代わって財産をしっかり管理してくれる人はいないだろうか」とよく口にしている。そこで、H精神保健福祉士は、このことに対応する社会資源について紹介した。

次のうち、Zセンターの事業の種別として、適切なものを1つ選びなさい。
精神保健福祉士 過去問 問23
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事 例〕
Gさん(67歳、女性)は、38歳のときに統合失調症を発症して以来、R市内にあるY精神科病院に入退院を繰り返した後、地域移行・地域定着支援事業を利用して2年前からR市内の自宅に一人で暮らしている。他に身寄りはない。退院後は、Y精神科病院のH精神保健福祉士の勧めで、若い頃に修得した華道をいかして、障害者に対して創作的活動や生産活動の機会の提供などを行うZセンターの利用者に1週間に1回、生け花を教えるなど、充実した生活を送っている。
他方、Gさんは、食事の準備や掃除、洗濯などの家事が苦手であり、さらに加齢による身体の衰えも徐々に現れ、要支援1の認定をR市より受けている。そのため、退院当初より、介護保険法のU事業所のスタッフであるJさんが作成したケアプランに基づき、ホームヘルパーのサービスを利用している。
最近になってGさんは、H精神保健福祉士に将来の不安を訴えるようになった。特に、Gさんが気掛かりなのは、両親が残してくれた自分名義のアパートと預金の管理についてである。預金口座には現在、約2千万円の残高があり、Gさんが自分で大切に管理している。生活費についても、Gさん自身の障害年金とアパート収入を活用してうまく生活している。しかし、Gさんは、「今は自分で家計のやりくりもできているが、自分ももう年だし、いつどうなるかわからない。頼れるきょうだいや親族もいない。この先、認知症になったりしたときに、自分に代わって財産をしっかり管理してくれる人はいないだろうか」とよく口にしている。そこで、H精神保健福祉士は、このことに対応する社会資源について紹介した。

次のうち、U事業所の業務に従事するJさんの職種として、正しいものを1つ選びなさい。
精神保健福祉士 過去問 問24
次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事 例〕
Gさん(67歳、女性)は、38歳のときに統合失調症を発症して以来、R市内にあるY精神科病院に入退院を繰り返した後、地域移行・地域定着支援事業を利用して2年前からR市内の自宅に一人で暮らしている。他に身寄りはない。退院後は、Y精神科病院のH精神保健福祉士の勧めで、若い頃に修得した華道をいかして、障害者に対して創作的活動や生産活動の機会の提供などを行うZセンターの利用者に1週間に1回、生け花を教えるなど、充実した生活を送っている。
他方、Gさんは、食事の準備や掃除、洗濯などの家事が苦手であり、さらに加齢による身体の衰えも徐々に現れ、要支援1の認定をR市より受けている。そのため、退院当初より、介護保険法のU事業所のスタッフであるJさんが作成したケアプランに基づき、ホームヘルパーのサービスを利用している。
最近になってGさんは、H精神保健福祉士に将来の不安を訴えるようになった。特に、Gさんが気掛かりなのは、両親が残してくれた自分名義のアパートと預金の管理についてである。預金口座には現在、約2千万円の残高があり、Gさんが自分で大切に管理している。生活費についても、Gさん自身の障害年金とアパート収入を活用してうまく生活している。しかし、Gさんは、「今は自分で家計のやりくりもできているが、自分ももう年だし、いつどうなるかわからない。頼れるきょうだいや親族もいない。この先、認知症になったりしたときに、自分に代わって財産をしっかり管理してくれる人はいないだろうか」とよく口にしている。そこで、H精神保健福祉士は、このことに対応する社会資源について紹介した。

次のうち、この時点でH精神保健福祉士がGさんに紹介した社会資源として、適切なものを1つ選びなさい。
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
精神保健福祉士国家試験の試験対策 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
border line
過去問.com

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。