過去問.com

トップ  >  保育士試験 過去問  >  過去問題 一覧  >  保育士 教育原理 過去問

保育士 過去問 問1
保育士 過去問 問2
保育士 過去問 問3
保育士 過去問 問4
保育士 過去問 問5
保育士 過去問 問6
保育士 過去問 問7
保育士 過去問 問8
保育士 過去問 問9
保育士 過去問 問10
保育士 過去問 問11
保育士 過去問 問12
保育士 過去問 問13
保育士 過去問 問14
保育士 過去問 問15
保育士 過去問 問16
保育士 過去問 問17
保育士 過去問 問18
保育士 過去問 問19
保育士 過去問 問20
次の文は、中央教育審議会答申「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」(平成23年1月)の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

幼児期は、生活の中で自分の興味や要求に基づいた直接的・具体的な体験を通して、人格形成の基礎となる豊かな心情、物事に自分からかかわろうとする意欲や健全な生活を営むために必要な態度等が培われる時期である。
これを踏まえ、幼児期の教育においては、計画的に環境を構成し、遊びを中心とした生活を通して体験を重ねるように、一人一人に応じた総合的な指導を通して、( A )な活動を促すことが必要である。
例えば、高齢者や働く人等、自分の生活に関係の深い地域の人々との触れ合いや交流等を通じて、人とかかわることの楽しさや人の役に立つ喜びを味わうことが出来るようにすることが重要である。幼児の主体的な活動は、他の幼児とのかかわりの中で深まり、豊かになるものであることから、一人一人をいかした集団を形成しながら、( B )を育てていくことが大切である。特に、集団の生活の中で、幼児が自己を発揮し、教師や他の幼児に認められる体験をし、自信をもって行動できるようにすることが重要である。
保育士 過去問 問21
保育士 過去問 問22
保育士 過去問 問23
保育士 過去問 問24
保育士 過去問 問25
保育士 過去問 問26
保育士 過去問 問27
保育士 過去問 問28
保育士 過去問 問29
保育士 過去問 問30
保育士 過去問 問31
保育士 過去問 問32
保育士 過去問 問33
保育士 過去問 問34
次の【Ⅰ群】の記述を【Ⅱ群】の著者名と結び付けた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  教育は、経験の意味を増加させ、引き続く経験の進路を方向づける能力を高めるような形での、経験の再構成または再組織化なのである。
B  私は彼らとともに泣き、彼らとともに笑いました。彼らは世界も忘れ、シュタンツも忘れて、私のもとにおり、私もまた彼らのもとにおりました。彼らのスープは私のスープであり、彼らの飲み物は私の飲み物でした。私には何もなく、所帯もなく友人も召使も誰も私の身のまわりにはいませんでした。私にはただ、子供たちだけがおりました。彼らが健康なときは、私は彼らの真ん中にいました。彼らが病気のときは、私は彼らのそばにいました。私は夜は一番最後にベットに就き、朝は一番早く起きました。私はベットのなかでも彼らが寝つくまで彼らとともに祈り、そして教えました。彼らはそうすることを望んだのです。二重感染の危険にさらされながら、私は彼らの着物や身体のほとんどどうしようもない汚れの世話をしてやりました。

【Ⅱ群】
ア  カント(Kant, I.)
イ  デューイ(Dewey, J.)
ウ  ルソー(Rousseau, J.-J.)
エ  ペスタロッチ(Pestalozzi, J.H.)
オ  オーエン(Owen, R.)
保育士 過去問 問35
保育士 過去問 問36
保育士 過去問 問37
保育士 過去問 問38
保育士 過去問 問39
保育士 過去問 問40
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
保育士試験の試験対策 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
border line
過去問.com

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。